ちょっとした身体の変化や不調など、昔は気にもしていなかったのに、最近「これは更年期のせいでは?」と不安になっていませんか?
年齢を重ねるにつれて気になり始める「更年期」という言葉。
しかし、なぜ起こるのか?どんなことが体に起きるのか?これを正しく理解している人はそれほど多くないかもしれません。
更年期は女性なら誰もが必ず通る道ですが、生活に支障がある更年期症状は「更年期障害」という病気です。
心や身体の不調を更年期だからしょうがない・・・と我慢するのは禁物!
不調の原因が分かれば対処法が分かります。
まずは、更年期について整理してみましょう。

更年期とは?

更年期とは、「閉経」を挟んだ前後10年間を指します。
日本人の平均的な閉経年齢は50歳なので、45~55歳くらいが一般的な更年期にあたります。
ただし、これはおおよその目安であって、閉経の時期は個人差が非常に大きいため、更年期の時期にも人それぞれ大きな個人差があります。

では、どうやって自分の更年期を知ることができるのでしょうか?
実は「そろそろ更年期に入りますよ」という身体からのサインがあります。
それが「月経の乱れ」です。

40代半ばになって、月経周期が乱れたり、日数や出血量が以前と違う・・・と感じたら、そろそろ更年期に入ったと考えて、まず間違いありません。

もしかして更年期かも?チェックリスト

■ 月経周期が以前と変わってきた
■ 月経量が以前より増えた、あるいは減った
■ 1年以上月経がない
■ 45歳以上である
■ 血液検査で卵胞刺激ホルモン(FSH)の値が継続的に高い

□ 基礎体温の高温期が短くなった、または、なくなった
□ 寝つきが悪い、ぐっすり眠れない
□ 憂うつ感がある、やる気が出ない
□ イライラしたり、クヨクヨしたり、気分の変動が大きくなった
□ 物忘れが気になる
□ 肩こりや腰痛がひどくなった
□ 疲れやすくなった
□ のぼせや発汗がある
□ 頭痛やめまいがある

上記の■のうちどれかに該当し、かつ□にも1つ以上当てはまるようなら、更年期の症状が出ている可能性大です。

更年期に入ると、身体に変調をきたしたり、精神的に不安定になったりしやすくなります。
中には、若い頃の不調が進行して本格的な病気になったり、持病が悪化したりする人もいます。

ただ、それは永遠に続くワケではありません。
長年出ていた女性ホルモンが急に出なくなるという環境の変化に体が慣れると症状は治まります。
体が環境の変化に慣れるまでの移行期間、これが更年期の10年間なのです。

更年期は、思春期と並ぶホルモンの大変動期で、女性なら誰にでも起こる健康な生理的変化です。
過度に心配せず、”自然な変化”として受け止めることも大事です。

ではこの時期、私たちの体の中ではいったい何が起きているのでしょうか?

更年期に起こる不調の原因

更年期に起こる不調の原因には「女性ホルモン」が大きく関わっています。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

2つの女性ホルモンのうち、全身の健康や美しさに深く関わっているのが「エストロゲン(卵胞ホルモン)」。
エストロゲンは、肌や髪のハリや弾力、見た目の若さなどを保ったり、女性らしいくびれや丸みのあるボディーラインを作ったりする「美のホルモン」。
プロゲステロンは、子宮内膜をふかふかにして妊娠を維持する「母のホルモン」。
この2つが適度なバランスを保っているのが”健康なとき”です。

更年期になると、女性ホルモンの全体量が急激に低下します。
2つの女性ホルモンのうち一方が優位だったり、それぞれの分泌のタイミングがずれたりするとバランスが崩れて、心身に変調をきたします。

この2つの女性ホルモンは、どちらも卵巣から分泌されますが、卵巣から勝手に分泌されているわけではなく、ホルモンを分泌する司令塔になっているのが脳にある視床下部というところです。

視床下部は、血中に流れ込むあらゆるホルモンの量を常にチェックしていて、少しでも分泌量に増減があると、これを瞬時にとらえて、ただちに正常な量にするように指令を出します。

この指令を受けて実際に行動するのが、視床下部のすぐ下にある下垂体という器官で、性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)を分泌します。
この2つのホルモンが卵巣を刺激することによって、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが分泌されるのです。

つまり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されるには、視床下部→下垂体→卵巣の連携があってこそで、この一連の流れの中には「フィードバック機能」というものがあります。
フィードバック機能とは、女性ホルモンが一定量分泌されると、脳がその情報を受けとって「もう出すな!」の指令を出し、足らなければ「もっと出せ!」と指令を出す機能のこと。
このやりとりが正しく行われることによって、正常な月経周期が保たれているのです。

卵巣が若いと、脳からの指令に卵巣が応えられるので、十分な女性ホルモンを分泌します。
すると、脳は「ホルモンが出ている」という信号を受け取り、それ以上「もっと出せ」との指令は送りません。
これが正常な状態です。

しかし、閉経が近づき、卵巣機能が衰えてくると、脳からの指令に応じて卵巣がいくら頑張っても女性ホルモンを指令通りに分泌することができなくなり、脳は「ホルモンが出ていない」という信号を受け取るので、エストロゲンを出せなくなった状態であっても、脳は「もっと出せ、出せ」と指令を出し続けてしまいます。

そして、この繰り返しをしているうちに、同じ視床下部にある自律神経をつかさどる部分も刺激されます。
視床下部は自律神経の調節を行う中枢でもあるので、ホルモンの分泌が乱れると、それに影響を受けて自律神経も乱れてしまいます。
その結果、自律神経失調症に似た症状(のぼせ、ほてり、発汗など)が起こります。

このような脳と卵巣の指令系統のアンバランスによる「パニック状態」こそが、更年期のさまざまな不調を引き起こす原因なのです。

更年期症状と更年期障害

視床下部はいろいろなホルモンの分泌コントロールのほか、体温調節や呼吸、精神活動をつかさどる自律神経の中枢でもあるので、脳がパニックになると自律神経系も混乱し、ほてりや汗、動悸、イライラや不安、落ち込みといった更年期の不快な症状が現れます。

この更年期にあらわれるさまざまな症状を「更年期症状」、その症状が日常生活に支障をきたすほどになることを「更年期障害」と言います。

閉経は女性なら誰にでも訪れる体の変化で、その前後にある更年期も誰もが体験することなのですが、「更年期障害」となると、その症状に対してどれだけつらいかで判断することになり、治療の対象になることがあります。

ただ、更年期にすべての人がつらい不調に悩まされるというわけではありません。
本人の性格や環境、生活習慣などによって症状の現れ方や程度には個人差があります。

大きく分けると、「身体の痛みや違和感など、身体に自覚症状が現れるタイプ」、「高血圧や骨粗鬆症など、無自覚に体内で変化が起きているタイプ」、「肌の老化や体形のゆるみなど、美容面が気になるタイプ」、「イライラや落ち込みなど、心のバランスを崩すタイプ」があります。

このうち、生活に支障をきたすほどの不調を感じるのは全体の2割程度で、残りの8割の人はうまく乗り越えていることが分かっています。

ということは、更年期症状が出てきても上手に乗り切れる方法がある!ということなのです。
更年期を必要以上に恐れず、自分の健康と生活習慣などを改めてチェックする時期と考え、適切に対処していくことで、この辛い時期を少しでも”楽しく”過ごしていきませんか?

おすすめの記事