2017年2月14日のその原因、Xにあり!は、ドライアイについて。
ドライアイを引き起こしている原因は、水分不足だけではなく「目の便秘」!
この目の便秘を改善する「ホットタオル」の作り方&使用方法が紹介されていました。

ドライアイは「目の便秘」が原因

患者数約729万人という、多くの日本人が抱える現代病が「ドライアイ」。
ドライアイとは、主に涙が不足し、目が乾いて痛みや疲れを感じる病気のこと。
目薬を使って水分補給をしても、目の乾きがなかなか改善しない・・・。
そんなドライアイを引き起こしている原因は、実は水分不足だけではなく、「目の便秘」にもあるとのこと。

その原因、Xにあり!ドライアイ
「目の便秘」には、まぶたにある「マイボーム腺」という器官が関係しています。
マイボーム腺にアブラが詰まってしまうと便秘のような状態になってドライアイになってしまうのです。
「目の便秘」には、まぶたにある「マイボーム腺」という器官が関係しています。

マイボーム腺にアブラが詰まってしまうと便秘のような状態になってドライアイになってしまうのです。

マイボーム腺とは、まつげの根本の内側にある、目にアブラを分泌している器官で、マイボーム腺から出たアブラは目の表面にバリアを作り、涙が蒸発するのを防ぐ働きをしています。
このマイボーム腺がつまり、いわば目の便秘のような状態になってしまうと、アブラが分泌されず、目の表面のバリアが弱まってしまい、その結果、涙が蒸発しやすくなりドライアイを引き起こしてしまいます。

その原因、Xにあり!ドライアイ
マイボーム腺を押すと・・・黄色いアブラが見えますが、これは古いアブラが詰まってしまい、目のバリアがなくなっている状態です。

では、なぜマイボーム腺にアブラが詰まってしまうのか?
それは、私たちが普段行っている2つの行動が要因です。
1つ目は、目の際にアイラインを引くことで、マイボーム腺の出口が塞がり、アブラがつまってしまいます。
2つ目は、コンタクトレンズをした状態で頻繁なまばたきをすると、マイボーム腺に衝撃が加わり、アブラがつまりやすくなります。

ドライアイ 原因
ドライアイ 原因

この「目の便秘状態」を放っておくと、ドライアイが悪化し、視力低下や感染症にかかったり、角膜が傷ついて痛みで目が開けられなくなる恐れがあるとのこと。

そこで、たった5分で改善できる方法が「ホットタオル」を使うこと!

ホットタオルの作り方&使用法

ドライアイ 直し方
1、水に濡らしたタオルを適度に絞りビニール袋に入れる。

2、ビニール袋の口をあけたまま500Wの電子レンジで45秒温める。

取り出す際にやけどをしないよう熱さには十分注意してください。

ドライアイ 直し方
3、ビニール袋に入れたまま5分間まぶたの上にのせる。

固形のバターを温めると溶けるのと同じように、ホットタオルで目を温めることでつまったアブラが溶け出し、血流が良くなり、目の便秘が改善!
目のバリアが回復することが期待できます。

検証結果

ドライアイに悩む一般被験者女性2名がホットタオル改善法を検証。
実際に温める前と後で目のアブラの様子を比較してみたところ・・・

その原因、Xにあり!ドライアイ
ホットタオルで温める前の2名の目は、表面にアブラが少なく、目のバリアに亀裂が入っている状態。
ホットタオルで5分間まぶたを温めたところ、アブラの量が多くなりバリアに亀裂も見当たらなくなりました。

ドライアイに悩んでいる方は、是非試してみてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。