2017年1月21日のサタデープラスは、冬の病気予防法。
歯磨きの「歯ブラシケア」が出来ていない人は心臓病のリスクが高まるとのこと。
誰でも簡単にタダでできる「歯ブラシケア」方法が紹介されていました。
さらに、朝一番に歯磨きをするとインフルエンザ予防になる理由が紹介されていました。

歯周病が心臓病のリスクを高める!

海外の歯科医師の実験によると、3週間使用した歯ブラシの菌は、トイレの水の80倍!とのこと。

菌がついたままの歯ブラシを使い続けると、心臓病になるリスクが高まり、歯周病菌が重症化した人は、そうでない人に比べて心筋梗塞などの循環器病の発症率が1.5~2.8倍も高くなります。
歯周病菌が口の中のちょっとした傷口から血管に入ると、動脈の壁につきプラークを作り、血管を圧迫します。

歯周病患者が歯ブラシケアを怠ると、その歯ブラシで歯周病菌がどんどん増え、口の中の細菌が増加するという悪循環に陥ります。

歯ブラシの殺菌法

歯ブラシケアで大切なのは「乾燥」「紫外線殺菌」で、一番簡単な方法は日光に当てること。
午前10時~午後2時までの紫外線の多い時間帯にベランダや窓際など紫外線に当たる場所に置けばOK!
曇りの日や屋内でも大丈夫です。

紫外線殺菌を毎日するのが難しい人は、週に1度でもOK!
ただし、歯ブラシをよく洗って、すすいだ後、水気をしっかり切って、ティッシュなどで拭いてから乾かすのがオススメです。

さらに、歯磨きの前に歯ブラシを濡らさない方が効果的
歯ブラシを濡らさずに歯磨きすると、歯磨き粉に含まれる汚れを落とす成分が流れにくくなり、より効果的な歯磨きができます。

歯ブラシを紫外線除菌する便利グッズ

●「アセンシア」ポータブルシリーズ(3980円)
歯ブラシをケースに入れるだけで除菌してくれます。

●「VIO life」zapi(3780円)

●「エセンシア」アドバンスシリーズ(10800円)
歯ブラシ5本まで殺菌できる家族向き。

朝一番の歯磨きがインフルエンザ予防になる!

起床後の口の中には、最大6000億個もの細菌が繁殖しており、その中にはプロテアーゼという酵素が多く含まれています。

そのプロテアーゼには、パイナップルなどのフルーツに含まれ、タンパク質を分解し、肉を柔らかくするという良い点もありますが、口の中で繁殖する歯周病菌の中のプロテアーゼ(インフルエンザ応援酵素)は喉の粘膜を破壊し、インフルエンザなどのウイルスを侵入を助け、増殖させる働きがあると言われています。

朝起きて一番に歯を磨くことで、プロテアーゼを体外に排出してくれるので、インフルエンザにかかりにくくなるとのこと。
朝起きて一番に水を飲む人は、うがいをしてから水を飲むと良いです。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/775"]

また、口の中の渇きもインフルエンザ応援酵素を活性化させてしまいます。
口の中の乾燥を防ぐのが「唾液」
唾液には「抗菌作用」や「自浄作用」があるので、インフルエンザ予防にはたくさんの唾液を出すことが重要です。

そこで、オススメなのが「昆布」
昆布に含まれる「うま味」が、唾液を多く分泌させ、効果も長く続きます。
また、昆布に含まれる「アルギニン酸」などのぬめり成分が口の中の乾燥を防いでくれます。

歯のためには甘味料などが添加されていないだし用昆布がオススメ。
だし用の昆布を1cm×2~3cmにカットしたものを口の中でなめ続けると良いとのこと。

おすすめの記事