口臭対策の基本は「正しい歯磨き」を毎日しっかり行うこと。
歯磨きする時間は「3分」!
時間をかけてしっかり磨いていきましょう。

伝統爽快なたまめ歯磨き粉

口の中のニオイを断つ!正しい歯磨きのやり方

歯ブラシの持ち方は「鉛筆を持つように」持つのがポイント。
歯ブラシを「グー」の形で持っている人もいるかと思いますが、歯の表面や歯肉になるべく負担をかけないためには、鉛筆の持ち方で歯ブラシを持つのがオススメです。

1、歯の表面に毛先が広がらない程度に歯ブラシをあてて、軽い力で小刻みに動かす。
2、歯と歯の間、歯と歯肉の間、前歯の上部など忘れがちな部分まで歯ブラシの毛先を当てて食べ物のカスをかき出す。

口臭を解消するには、歯垢(プラーク)ができないようにすること!
歯垢は、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間によくできるので、そこを意識して磨きます。
歯ブラシで届かない部分には、デンタルフロスや歯間ブラシを使って食べカスを残さないようにすることが大切。

そして、磨き残しをなくすために磨き順を決めて習慣にすることも大事です。

1、【表面】上の左奥~右奥の歯
2、【裏面】上の右奥~左奥の歯
3、【表面】下の左奥~右奥の歯
4、【裏面】下の右奥~左奥の歯
5、臼歯(上下両顎最後部の歯)の表面

よく磨けたと思っても、歯磨き粉の清涼感で錯覚しているだけということもあるので、ちゃんと磨けているかどうか歯磨き粉をつけずに磨いてみて下さい。
歯磨き粉なしで磨いてみて、口の中に食べ物の味が残っているようなら「正しい歯磨き」ができていない証拠です。
その場合、歯磨き粉をつけない歯磨きを何回か繰り返して、正しい歯磨きができるようにしていきましょう。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/795"]
おすすめの記事