人に会う時、人と話す時に気になるのが「口臭」。
ニオイの中でも特に気になるニオイに挙がるのが口臭です。
一般的には、唾液の分泌量が少なくなってくると雑菌が繁殖して口臭が強くなりますが、胃腸・歯・鼻や喉・肝臓・糖尿病などの病気が原因で口臭が発生している場合もあります。
口臭を改善するには、まずは自分の口臭をチェックしてどんなニオイがするか?確認してみて、口臭の原因を知ることが大事です。

口臭の種類

口臭 種類 画像

口臭には「生理的な口臭」と、消化器や呼吸器などに疾患があるときの「病理的な口臭」の2種類に分けられますが、多くの人が悩んでいるのが「生理的な口臭」です。

生理的な口臭は、歯みがきをして、デンタルフロスなどで歯の間の汚れや舌苔を取って清潔にしたり、生活習慣を改善したりすることで、予防・改善ができます。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/775"]

予防法を試してみたけど効果がなく、強い口臭があるという場合は病気が原因の病理的な口臭の疑いがあります。
そんな時は、できるだけ早めに病院へ行って診てもらいましょう。

まずは、自分の口臭は何が原因で起こっているのか?を知ることが大切!
生理的な口臭も病理的な口臭も原因はさまざまなので、原因を知ることで初めて対策方法が分かります。

自分の口臭の原因はどれに近い?生理的な口臭

口の中は、それ自体ニオイがあり、口臭の主な成分は、硫化水素やメチルメルカプタンなどで、これらの物質が強いニオイを放ちます。
硫化水素は起床直後などに検出され、メチルメルカプタンは歯周病などがあると高濃度で検出され、硫化水素より口臭が強くなります。

口臭 原因 菌

唾液の分泌が低下している

私たちの口の中は、唾液の殺菌力によって雑菌の増殖が抑えられ、口臭が起こらないような仕組みになっています。
唾液中のリゾチームという酵素が、細菌の細胞壁を溶かして破壊してくれ、生き残った雑菌も唾液と一緒に飲み込まれるため、ほとんどが胃酸によって死滅してしまいます。
しかし、唾液の分泌が低下すると、口の中の自浄作用が弱まって雑菌が増え、口臭を発生させてしまう原因になるのです。

唾液の分泌量が低下し、口臭が強くなる時は・・・

朝、起きたばかりの時
特に朝起きた直後は誰でも口がニオイます。
これは、就寝中や食べ物が口の中に入ってこない状態のときは、脳が唾液を不要であると判断し、その分泌量を抑制し、殺菌力も低下するので、口の中の雑菌が増えるためです。

空腹時
規則正しい食生活は、唾液の分泌をよくして雑菌の繁殖を防ぎます。
特に朝食は大事!
寝ている間に唾液の分泌量が減るため、朝食を食べることで唾液の分泌が促されます。
よく噛んで食べることも唾液の分泌を促します。

ストレスを溜めている時・緊張している時
唾液は自律神経の影響を大きく受けています。
ストレスを溜めこんでいる時や緊張している時は、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になることで、唾液の分泌が抑えられてしまいます。
また、1日中エアコンを使っている環境にいたり、夜更かししたりすることでも自律神経の機能は低下します。

歯垢や歯石が溜まっている

口の中は常に湿っているので、雑菌が繁殖しやすい環境にあるうえ、毎日食べたものや飲んだものの食べカスが凹凸の多い歯の間に残り、そのカスを栄養としてますます雑菌がはびこることでニオイが発生します。

ニンニクなどのニオイの強い食べ物を食べた後は一時的に口臭が強くなりますし、コーヒーやお酒を飲んだ後、喫煙した後などもニオイが強くなりますよね。
これらは、いずれも口の中に残った食べカスや、その含有成分が原因です。

この口の中にある食べカスをエサにして増殖した細菌の塊が「プラーク(歯垢)」と呼ばれるもので、プラークが口臭を発生させる原因になります。
プラークは、歯の表面に付着する白くて柔らかいものですが、歯みがきをせず歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化します。
これが「歯石」と呼ばれるもので、約2日間という短期間で「歯垢」が「歯石」に変わってしまい、歯石になってしまうと歯みがきではなかなか落とすことができなくなるばかりでなく、口臭の原因にもなります。

そして、歯垢や歯石を放置すると歯周炎や歯周病の原因となり、さらに口臭を強くしてしまいます。

その口臭、もしかして病気かも?病理的な口臭

歯周病の他に、内臓の病気が原因で起こる口臭もご紹介します。
自分の口臭に当てはまるものがあれば、病気の疑いがないか?病院へ行って診察してもらいましょう。

口臭 原因 病気

虫歯・歯周病・歯肉炎

食後に歯を磨かないままにしていると、口内の細菌が食べカスを栄養にして酸を発生させます。
この酸が歯を溶かして虫歯になり、虫歯はイオウのような特有なニオイがします。
特に進行した虫歯や歯肉の炎症が進むと、かなりきつい口臭になり、「腐った玉ねぎのようなニオイ」がすると言われています。
虫歯の穴には歯垢や食べカスが詰まり、歯みがきだけでは取れなくなるので、虫歯かな?と思ったら早めに歯医者へ行って治療してもらいましょう。

また、歯にかぶせたものやブリッジが古くなり、穴が開いたり隙間ができたりすると、食べカスが詰まって虫歯や歯周病になることがあります。
神経を抜いた歯は、虫歯になっても痛みがないので気付きにくく、知らない間に詰め物の中で歯が腐食し、歯肉にも炎症が起きて歯周病になっている可能性があり、この場合はかなり強い口臭をともないます。

さらに、義歯も日々の手入れを怠るとニオイが発生する原因になります。
特にプラスチック製など樹脂製の義歯は、長期間使用すると変形したり変色したり、唾液やその他の成分が内部に浸透して異臭が発生したりする場合があります。
ニオイが気になってきたなと思ったら、再製するかセラミック製のものと交換するのがオススメです。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/795"]

胃や腸の病気

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにかかると消化不良を起こしやすくなり、食べたものが胃の中に残ったものが異常発酵します。
そこで発生したニオイ物質が腸管から吸収され、血流に乗って肺に送られ、「腐った卵のようなニオイ」の口臭となって出てきます。

また、腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスが崩れて、悪玉菌が増加することによってニオイ物質が発生します。

肝臓の病気

肝臓の働きが正常の場合はニオイ物質が分解されるので病理的な口臭は発生しないのですが、慢性肝炎などで肝臓の働きが鈍ってくると、分解しきれないニオイ物質が血液に乗って全身を巡り、口臭や体臭となってあらわれます。

肝臓に問題がある場合の口臭は、口の中が苦くなる特徴があり「ネズミ臭」がすると言われています。
さらに重症になると「カビ臭」「腐敗臭とニンニクの混ざったニオイ」がすると言われています。

鼻や喉の病気

気管支炎や肺炎などの呼吸器系の病気、蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎など、鼻や喉に病気がある場合は口臭が強くなります。
肺や気管支、鼻や喉など、炎症を起こしている部分の皮膚組織がただれたり、化膿を起こして菌が増殖したりする結果、生臭いような、肉の腐ったような独特なニオイを放ち、吐く息と一緒に出てきて口臭となります。

糖尿病

糖尿病になると唾液が不足するので、歯周病の原因になる菌などが増殖して口臭が強くなります。
また、糖尿病はインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなるので、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとする結果、ケトン体という強いニオイ物質が発生します。
このニオイ物質が血流に乗って全身を巡り、甘酸っぱいリンゴの腐ったような口臭や体臭を発生させます。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/346"]

自分でできる「口臭チェック」

自分の口臭を知る方法

自分の吐く息がどんなニオイなのか?自分で簡単にチェックできる方法をご紹介します。
自分の口の前に手のひらをもってきて、そこに息を吐きかけてニオイを嗅ぐというやり方では、手のニオイが混ざってしまい、純粋な口臭が判別できないため、以下の方法で試してみて下さい。

1、きれいなコップを水平に持ち、その中に軽く息を吐く。
2、手で素早く蓋をして、いったん新鮮な空気を吸ってから手をずらし、コップの中のニオイを嗅ぐ。

朝、起きた時が一番においやすいので、口臭チェックのタイミングは起床時がベスト!

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/705"]

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。