2017年1月17日のその原因、Xにあり!は、「尿もれ」の悩みを解決。
尿もれの原因は「ペタンコ足」にあるということで、ペタンコ足にティッシュをあてて土踏まずを改善する「土踏まずティッシュ」のやり方が紹介されていました。

尿もれの原因

尿もれとはお腹に力が入った時、自分の意志とは関係なしに尿がもれてしまうこと。
咳やくしゃみをした瞬間、急に立ち上がった瞬間、重い荷物を持ち上げた時など、突然襲いかかる病気です。
40代以上の女性の3人に1人が尿もれを経験したことがあり、日本の尿もれ人口は、男性およそ600万人、女性およそ2400万人、合計3000万人とも言われ、近年では尿もれ専門外来も登場しました。

尿もれの原因は「ホルモンバランスの崩れ」や「膀胱の病気」などさまざまありますが、その他に身体の意外な場所にもああります。
それは、「ペタンコ足」

その原因、Xにあり!尿もれ

ペタンコ足とは、土踏まずがなくなった、いわゆるへんぺい足の様な状態の足。
正常な足とペタンコ足の人の骨盤を比較すると、ペタンコ足の人の方が姿勢が悪く、骨盤が前後に傾いてしまいます。

その原因、Xにあり!尿もれ

骨盤が後ろに傾いている場合
内臓の重みで骨盤底筋が伸びてゆるみ、骨盤底筋にうまく力が伝わらなくなってしまい、尿もれを引き起こします。

その原因、Xにあり!尿もれ

骨盤が前に傾いている場合
内臓の重みでいわゆる「ぽっこりお腹」の状態に。
すると腹横筋が伸び、連動している骨盤底筋までもが収縮できずにゆるんでしまい尿もれが起こります。

その原因、Xにあり!尿もれ

骨盤底筋(こつばんていきん)とは、骨盤の底の部分にある筋肉で、尿道を開いたり閉じたりする、いわば水道の蛇口のような役割をしています。
この骨盤底筋が正常時に働き、縮んでいる時は尿もれは起きないが、ゆるんで「力が入りにくい状態」になってしまうと、尿もれが起こってしまうのです。

その原因、Xにあり!尿もれ

その原因、Xにあり!尿もれ

スリッポンやバレエシューズなど靴底が平らな靴ばかりを履いて歩くことで脚に負担がかかり、土踏まずがなくなってくるとのこと。

簡単「ペタンコ足」チェック

1、直径1cm程度のボールペンを用意する。

土踏まずティッシュ

2、足の内側から、土踏まずにボールペンを入れ、3cm程度入れば、正常な足
3cm入らなければ、ペタンコ足の可能性あり!

土踏まずティッシュ

土踏まずティッシュ

ティッシュペーパーで尿もれ解消!「土踏まずティッシュ」のやり方

1、5枚重ねたティッシュペーパーを4回たたむ。

土踏まずティッシュ

2、それを靴の土踏まずが当たる場所より少しかかと側に置き、そのまま履く。

土踏まずティッシュ

ティッシュペーパーが足の舟状骨(しゅうじょうこつ)を持ち上げ、ペタンコ足に土踏まずができてきます。

この解消法を、実際に尿もれに悩む一般の女性2名が1週間挑戦した結果・・・
20代のAさんは、検証前のペタンコ足が1週間後には土踏まずができ、8.5と後ろに傾いていた骨盤も、9.1と正常な範囲になりました。

土踏まずティッシュ

50代のBさんも、ペタンコ足がわずかに改善し、14.5と前に傾いていた骨盤は 8.4とやや後ろに傾きましたが、正常な範囲に近づきました。
実感として「姿勢が良くなった」「尿もれの回数が減った」など変化があったそうです。

土踏まずティッシュ

おすすめの記事