2017年1月13日のその原因、Xにあり!で、なかなか取れない疲れの改善方法が紹介されていました。
疲労を回復するのに重要なのが「DHEA」というホルモンで、DHEAホルモンは疲労物質をやっつけてくれますが、疲労や加齢で減少してしまいます。
DHEAホルモンの数値は、血液検査をすれば知ることができるとのこと。
このDHEAホルモンをどれだけ増やせるかが疲労回復につながりますが、DHEAホルモンを分泌する「副腎」が疲れていればDHEAホルモンも分泌することができません。
そこで「塩ゆず」を食べることで、副腎を元気にして、DHEAホルモンの分泌を増やしていきます。

なぜ、疲れがなかなか取れないの?

日々のハードワークやストレスで身体が疲れると、細胞内に疲労物質が発生します。
溜まった疲労物質は、健康な細胞を次々と攻撃し、それにより細胞が傷つけられ、修復が追いつかない状態を「疲労」といいます。
そして、疲れがなかなか取れない原因は、「副腎」にあるとのこと。
副腎は腎臓の上にある、ピラミッド型の臓器で、重さ5g程度の小さい臓器だが、生命を維持するために必要不可欠なホルモンを50種類以上も分泌しており、まさに「体内の巨大工場」とも呼べる、とても重要な役割を果たす臓器です。
「副腎」は2017年に最も注目すべきスーパー臓器とのこと。

その原因、Xにあり!疲労

副腎が作るホルモンには、身体機能を活発にするホルモン「アドレナリン」、意欲・快感を高めるホルモン「ドーパミン」、ストレスから身体を守る「コルチゾール」、コラーゲンの生成を助ける「エストラジオール」、筋肉増強や骨を作る男性ホルモン「テストステロン」などがあります。

疲労を回復するカギとなるのが、この副腎から分泌される「DHEA」というホルモン
DHEAは、世界で大注目されているスーパーホルモンで、強力な抗酸化力を持っており、疲労物質を解毒してくれます。
さらにこのDHEAは疲労回復以外にも様々な効果を持っているのです。

スーパーホルモン「DHEA」のパワー

  • アンチエイジング
  • 免疫力アップ
  • 骨粗しょう症予防
  • 抗ストレス
  • 睡眠の改善
  • がん細胞とたたかう
  • 糖尿病予防(2型)
  • アルツハイマー病予防
  • 動脈硬化予防
  • 更年期障害の症状改善

疲労を回復する「塩ゆず」

副腎の疲労を改善するのは「ビタミンC」が有効!
副腎疲労を回復し、元気にする方法は「ビタミンC」の摂取が大事です。
副腎は、ビタミンCをガソリンのように消費して活動するので、ビタミンCを摂取すると、副腎はより働くようになるのです。

そこで、ビタミンCを豊富に含むオススメ食材なのが、「塩ゆず」
ゆずはビタミンCが豊富な食材で、ビタミンCの含有量は柑橘類の中でもトップクラス!
特に皮の部分にビタミンCを多く含み、皮ごと食べるのがオススメ。

その原因、Xにあり!疲労

「塩ゆず」の作り方

1、水洗いしたゆずを皮ごとみじん切りにする。

2、ゆず1個に対し小さじ1杯の天然粗塩を混ぜる。

3、密封できる容器に移しかえ冷蔵庫で1日寝かせる。

副腎疲労はナトリウムも足りなくなるため、ナトリウムが豊富な「天然粗塩」で効果がアップする。

その原因、Xにあり!疲労

「塩ゆず」の食べ方
・ビタミンCは加熱すると酵素が壊れてしまうが、温かい食事には、最後にトッピングする形で食べればOK(60℃以下ならOK)。
・朝、昼、晩の食事の3食と合わせて食べるのが効果的。
他の食事と合わせて摂ることで栄養を吸収しやすく、食べやすい。
・ビタミンCは1度にたくさん摂取すると吸収率が下がるので、摂取する際には何回かに分けるのが好ましい。
・60~70gで、1日に必要なビタミンC100mgを摂取できる。

「塩ゆず」を食べただけで疲労は回復できるのか?

「塩ゆずで副腎疲労解消生活」のルール
・塩ゆずを大さじ2杯分(40g)を 朝・昼・晩 食事に合わせて食べる
・期間は3日間
・それ以外は普段通りの生活

羽田美智子さん、杉浦太陽さん、一般被験者の6名が3日間の「塩ゆず」で副腎疲労解消生活に挑戦した結果は・・・

【DHEAの数値】
羽田美智子さん:108 → 88
杉浦太陽さん:262 → 234
川井さん:185 → 185
安田さん:138 → 153
永原さん:130 → 182
大森さん:14 → 21
飯泉さん:209 → 241
酒井さん:135 → 127

なぜDHEAの数値が減少してしまったのか?
羽田さんの結果は、過度なストレスや疲労が重なったからで、塩ゆずを食べていなかったらもっと数値は減っていたかもしれない・・・とのこと。
大切なのは塩ゆずなどによりビタミンCの摂取を継続することだそう。

おすすめの記事