セックスの時に彼氏からアソコが「くさい」とか「におう」とか言われたことがあったら・・・それは、スソワキガかもしれません。
また、乳輪ワキガの「チチガ」も最近女性が気にしているニオイです。
今日はスソワキガとチチガの原因・対策や治療法についてご紹介していきます。

スソワキガとは・・・

すそわきがとは 画像
スソワキガは、他人にも感じる程度の強さのニオイで、性器が脇の下のワキガと同じようなニオイを放ちます。

性器のニオイをまとめて「スソワキガ」と呼ぶこともありますが、本当の意味のスソワキガは、ワキガと同様、アポクリン汗腺から出る汗が主な原因で、体質的なものを言います。

膣は常に分泌液が出ていて、弱酸性に保たれているので、多少甘酸っぱいニオイがするのは当たり前なのですが、性器の周囲にはアポクリン汗腺や皮脂腺が密集していて、アポクリン汗腺は性的な興奮によって活発になるので、より強いニオイを発することがあります。

性的な興奮が、自律神経のひとつである交感神経の活動を促し、それがアポクリン汗腺を刺激して汗を分泌します。
そのため普段は気にならないけれど、セックスによってニオイが強くなるということは考えられます。

スソワキガの対策

スソワキガは脇と違って自分でできるケアには限界がありますが、何もしないよりはマシ!

自分でできる対策としては、

・ジャムウなどの石けんでデリケートゾーンを洗う
・スソワキガなどのデリケートゾーン専用ケア商品を使う

などがあります。

対策してもあまり効果がない場合、デリケートな場所なので、病院に行って相談してみて次の対策を考えるのがベストかと思います。

その他、病的な理由で性器のニオイが強くなることもあります。
子宮や膣が炎症を起こしたり、病気に感染していたりしていると、おりもののニオイが強くなるのです。
スソワキガかも?と思い悩む前に是非チェックしてみて下さい。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/251"]

男性にもスソワキガはある?

スソワキガは、男性よりも女性の方が多いと言われていますが、男性でも自分はスソワキガではないか?と疑うことがあると思います。

ワキガのような強烈なニオイではないにしても、「クサイ」ではなく、なんか「ニオウ」程度のニオイは実際、男性の性器周辺からしたことはあります。

でも、それはどちらかというと「陰毛」周辺からのニオイで、性器そのもののニオイではないような気がしています。
そして、ワキも少しニオイがしていたような気がします。
きっとごくごく軽度のワキガなのかもしれませんが、ワキガの傾向がある人は、スソワキガである傾向も高いのかな?と思ってしまいました。

個人的な見解ですが・・・体毛が濃くて乳首周囲に毛が生えていたり、毛深い男性はなんとなくニオウ確率が高いかなぁと感じています。

スソワキガの治療

スソワキガの治療は難しいものではなく「電気凝固法」という方法で治療が可能です。

電気凝固法とは、陰毛の毛根に絶縁針を刺して通電し、アポクリン汗腺を凝固させてしまうという治療法です。

性器のアポクリン汗腺は脇と違い、すでに退化しているものが多く、2~3回の治療である程度の効果があると言われています。

スソワキガ 治療 画像
出典:http://www.sakae-clinic.com/

ただ、性器のアポクリン汗腺は、脇のアポクリン汗腺のように肉眼ではっきり分かる大きさではないので、本当にスソワキガなのか?は、治療する前に確認することができないようです。
そのため、スソワキガの治療後にニオイが減ったのであれば、やはり性器周辺にもアポクリン汗腺が存在していたということになり、初めて「スソワキガ」だったという診断がつくことになります。

なので、スソワキガの治療を受ける前に、まずは婦人科を受診してみて、性器のニオイが病気などによるものでないことをきちんと確認しておくのもひとつの方法です。

スソワキガの治療をしてもニオイがなくならなかった場合は、他の原因によってニオイが発生していることが考えられます。
股間部のエクリン汗腺からの汗や、小陰唇にある皮脂腺からのニオイ、おりもののニオイの場合が考えられます。
性器のニオイで悩んでいる方は、デリケートゾーンを洗いすぎていないか?など、まずは自分の生活習慣を見直してみることをオススメします。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/385"]

乳輪部のニオイ「チチガ」

チチガ 対策 画像
乳輪周囲からワキガのようなニオイが発せられることを「チチガ」と言います。

脇の下のワキガや性器のスソワキガと比べると、チチガはニオイが強くないので、まず他人を不快にしたり、迷惑をかけるようなことはありません。

しかし、ニオイにとても敏感で、自分はもしかして「チチガ」ではないか?と気にする女性は少なくありません。
チチガもスソワキガと同じように「電気凝固法」で治療することが可能で、チチガは1回の治療で十分効果があると言われています。

まず自分でできる対策としては、スソワキガの対策と同様に、ジャムウなどのデリケートゾーン専用の石けんを使ってみることをオススメします。
それでも効果がなければ、病院に行って相談してみましょう。

おすすめの記事