2016年11月20日の林先生が驚く初耳学「深堀りスペシャリスト」は、フルーツ研究家の中野瑞樹さん。
7年間フルーツを食べ続けて分かった新事実の一つが「食後にフルーツを食べると胸やけや口臭の原因になる」こと。
それはいったいなぜなのでしょうか?

京都大学農学部を卒業後、東京大学工学部の教員を経て、現在はフルーツの研究に没頭。
この研究というのが「7年以上、果実だけを食べて生きている」という驚くべきもので、7年間お肉、米、魚などは一切食べておらず、水もお茶も一切飲んでいないとのこと。
中野さんの体の中の水分は、全てフルーツのみなんですって!

7年間フルーツを食べ続けて分かった4つの新事実

林先生が驚く初耳学 フルーツ 画像
内臓機能が改善された

フルーツを食べ続けて体に異変は?
少し痩せている以外は、いたって健康。
腎機能の数値が人と比べてすごく良かったり、骨密度が異常に高いとのこと。

林先生が驚く初耳学 フルーツ
美味しいフルーツの見分け方
みかんは「皮に傷が付いているもの」を買うべき!
みかんには「外なりみかん」と「内なりみかん」があります。

外なりみかんは果樹の外側になったみかんで、直射日光が当たるので糖度が上がる傾向にあります。
風が吹くと他の枝とこすれるため、果皮に傷がつきやすいのですが、甘いのはこの外なりみかんだそうです。

林先生が驚く初耳学 フルーツ

この季節にオススメなのが「ベビーキウイ」
長野県などで栽培されるようになったフルーツで、名前の通り、普通のキウイと比べて小さいのが特徴。

林先生が驚く初耳学 フルーツ林先生が驚く初耳学 フルーツ

栄養価が高く、皮ごと食べられるので栄養がたっぷり摂れると、美容に敏感な女性の間で流行りつつあるとのこと。

林先生が驚く初耳学 フルーツ
日本人が最下位
日本人1人当たりの果実消費量は1日107.6g。
先進国の中でも最下位です。

日本人でフルーツを食べているのが多いのは「高齢者」で144.8g、20~40代では56.5g、30代の男性では38.5g。

S寸のみかんの皮をむくとおよそ50gなので、1日にみかん1個も食べていなということに。

林先生が驚く初耳学 フルーツ

「フルーツを食べ過ぎると体に良くない」という研究データがなく、研究者のはしくれとして自分が実験台になろうと思ったという中野さん。
研究データがないにもかかわらず、日本人がフルーツを食べなくなったのは、「フルーツには糖分が多いため、食べ過ぎると太る原因になる」という俗説のせいもあるという。
しかし、この俗説には科学的根拠がほとんどないため、中野さんが研究を開始したところ、7年間で最高13.1kg減のダイエットに成功しています。

汗がミックスジュースみたいな匂いがする?
すごくいい香りがするそう。
りんごをいっぱい食べると「アップルパイ」のようなニオイがするとのことです。

林先生が驚く初耳学 フルーツ
食後のフルーツは体に悪い
フルーツを食べるメリットの一つは、胃に負担をかけない体にやさしい食べ物であるということ。
消化の吸収が早く、空腹時だと約30分で腸までたどり着きます。

しかし、食後にフルーツを食べると、胃の中にはまだ他の食べ物が残っている状態で、そこにフルーツが加わると他の食べ物が消化されるまで待たされることになってしまいます。
例えば、肉や魚などのタンパク質は消化に4~6時間かかるので、その間フルーツも胃に残ってしまいます。

フルーツは、発酵しやすいので、胃にガスが溜まり胸やけや口臭の原因になる恐れがあるというワケです。

フルーツは、できるだけ単体で、食前に食べるのがベター。
朝食はフルーツのみというのは、胃の中に食べ物が何も入っていないので、とても理にかなった食べ方なのです。

おすすめの記事