2016年11月12日の世界一受けたい授業は、あなたの入浴法は間違い?乾燥から肌を守るお風呂の入り方。
教えてくれたのは、東京都市大学教授の早坂信哉先生。
肌に悪い入浴法べスト5や乾燥肌が劇的に改善して美肌にもなる先生オススメの「手抜き風呂」の入り方が紹介されていました。
正しい入浴法をマスターして、乾燥知らずの美肌をつくりましょう♪

間違った入浴法で肌が乾燥する!

冬は湿度が低いため、乾燥肌になりやすい。
なぜなら、通常皮膚の水分と油分が肌を守ってくれるのですが、空気が乾くと減ってしまう結果、かゆみやあかぎれなどさまざまな皮膚トラブルを引き起こすのです。
肌は湿度が60%を下回ると乾燥しやすくなります。
12月に入ると湿度が60%を下回るので、この11月に正しい入浴法を知ってマスターしておくことが大事です。

肌が乾燥しやすくなる大きな原因が「お風呂」。
間違った入浴法を続けると肌が乾燥し、危険な肌トラブルの原因になることがあります。
でも、実際は多くの人が肌に悪いお風呂の入り方をしているとのこと。

お肌に悪い入浴法

1位 15分以上の長風呂

長くお風呂につかると肌の角層が大量の水分を吸収して膨らんだ状態になり、バリアの役割を果たしていた油分もなくなるので、肌の保湿成分が流れ出てしまいます。
長い間湯に入り手がシワシワになるのは、肌の保湿成分が流れ出ているサインです。
肌がふやけるほどの長風呂は注意が必要です。

2位 42℃以上の熱い湯に入る

38℃と42℃で湯に入り、1時間後の肌の水分量を比較してみると・・・
38℃で入浴したときと比べると、42℃以上で入浴したときは、肌の水分量がなんと半分以下!
つまり、熱い湯の方が乾燥しやすいのです。

熱い湯に入りたいという人は「炭酸ガス」が含まれている入浴剤を入れると、体感温度が2℃くらい高く感じられます。

3位 一番風呂

水道水には殺菌や消毒のために不要な塩素が含まれています。
乾燥しやすい冬に特に塩素が肌を刺激するので肌荒れの原因になってしまうのです。

一番風呂と二番風呂で肌がどう変わるのか実際に測定器で実験してみたところ、
一番風呂の肌は、キレイな三角形が多く、肌のキメが細かく整っている「健康な肌」でしたが、一番風呂の肌は三角形の溝が浅く、キメも粗い「荒れやすい肌」になることが分かりました。

では、なぜ二番風呂が良いのか?
先に入った人の肌からタンパク質や窒素などが流れ出て、塩素と結びつくことによって塩素が減るから。

だけど、誰かが一番風呂に入らなといけないですよね・・・。
塩素を減らすのに効果的なのが「ビタミンC」。
レモン汁をスプーン1杯入れたり、ゆずを入れて「ゆず湯」にして入浴するのがオススメです。
また、「アスコルビン酸」を含む入浴剤でもOK!
アスコルビン酸とはビタミンCのことです。

また、お風呂での歯磨きも美肌をつくる秘訣。
体が温まっているときに歯を磨くのは唾液に含まれているホルモンが活発になるので、美肌につながるとのことです。

4位 脱衣所が寒い

せっかくお風呂で体を温めたのに、脱衣所が寒いと急激な温度変化で肌が刺激を受け、かゆくなる「寒冷じんましん」になる危険性があります。
脱衣所は「パネルヒーター」などの暖房器具などで暖かくしましょう。

さらに、大事なことは浴室も暖めること!
お湯をためるときに蓋を外しておくと蒸気で暖まるので、温度差がなくなります。

5位 全身をゴシゴシ洗う

皮脂の表面にある皮脂膜は、肌の潤いを体の外に逃がさないフタのような役割がありますが、タオルなどでゴシゴシ洗うと皮脂膜が減り、肌の水分が体の外に出ていき、乾燥につながります。
特にスネはもともと皮脂膜が薄く、お湯で流すだけでも十分!
洗いすぎるとウロコのような足になるそう。

しっとり肌を目指すなら手のひらで洗いましょう。
こすらずなでるように優しく洗うのがポイントです。

先生オススメ!「手抜き風呂」の入り方

上に記載した「悪い入浴法」をやめるだけで肌の質は改善します。
入浴前に飲むと美肌効果がアップするのが「緑茶」。
緑茶に含まれるカテキンには美肌効果があります。
緑茶を飲んでからお風呂に入ると、ただ緑茶を飲むだけよりも、約7倍もカテキンの吸収量がアップします。

1、フタをせずにお湯を張る。

2、ビタミンCが多いレモン汁をスプーン1杯入れて、塩素を減らす。
アスコルビン酸を含んだ入浴剤でもOK!

3、石けんで泡を作り、手のひらで優しく洗う。
洗うのは、汗をかきやすい顔・胸・わき・お尻・股の5か所のみ!
それ以外はお湯で流すだけでOKです。

さらに、シャワーは長時間使わない。
シャワーの水にも塩素が含まれているので、お風呂にたまったお湯だけで体を洗い流しましょう。

4、入浴は40℃で10分、肩までつかりましょう。
額に汗がじんわり出るくらいを目安にお風呂から上がりましょう。

※通院中の型は病院に確認してから行って下さい。

5、肌が乾燥しやすい人は、浴室の中で体を拭いて、気になるところに潤いをもたせる化粧水をしみこませ、服を着る前に保湿クリームをしみこませましょう。
保湿クリームはお風呂あがりにすぐ塗ることが大切!

乾燥肌に悩んでいる人にこの「手抜き風呂」を2週間ほど試したところ、乾燥が劇的に改善した様子が報告されていました♪

おすすめの記事