お風呂は単に体を清潔にするためという以上に、体臭対策に効果的です。
入浴は心身をリラックスさせるほか、いい汗をかくための汗腺トレーニングにもなるからです。

スポーツやサウナで汗をかくのも、いい汗をかく立派なトレーニングになりますが、運動があまり好きでない人にとって、毎日続けるとなると逆にストレスになり、体臭予防どころか体臭を強くしてしまう可能性もあります。
もっとも簡単で効率よく汗腺を鍛えられるのは、日々の入浴によるトレーニング法です。

汗腺トレーニングを行うと、日を追うごとに汗腺機能が高まり、だんだんといい汗がかけるようになります。
自律神経の働きもよくなるので、気温の変化にも素早く対応でき、抵抗力もついてきます。
最低でも1週間、できれば2週間は続けましょう。

汗腺トレーニングを行う時間がない場合は、手・腕・足・スネなどの皮膚を毛の流れに沿って5~10分、タオルなどで乾布摩擦しましょう。
熱く感じるまで摩擦すると、入浴トレーニングと同じような効果が得られます。

汗腺トレーニングのやり方

汗腺トレーニング 半身浴 画像
43~44℃程度の熱めのお湯を湯船の1/3程度はったら、ひざ下とひじ下を15分ほどつける。

湯船の中で四つん這いになり、両手両足のひじ先とひじ下がお湯につかるようにします。

その体勢に無理がある場合、湯船の中に風呂イスなどを入れて高さを調整してみましょう。

汗腺機能を鍛えるには、ここを集中的に温めるのが効果的!
これは、手足の汗腺を鍛えるトレーニングになります。
手足には、あってもあまり機能していない「寝たふり汗腺」が多数存在しているので、機能が低下していた汗腺を目覚めさせ、しっかりと汗をかけるようになります。

、(1)の湯船に水かぬるま湯を足して湯温を35~36℃程度に下げ、たっぷりと全身を15分ほど湯につける。

熱いお湯で優位になった交感神経を鎮め、リラックスする効果があります。
半身浴でもOK!

クリアンテ

消臭効果・発汗効果がある「酢」を入れる

体臭 お風呂 酢 画像
(2)のとき、湯船にコップ1杯ほどのお酢を入れるとより効果的!

酢風呂は、特に体が冷えがちで、免疫力が落ちている人にオススメしたい習慣です。

酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。

さらに、クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニア乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消でき、汗のニオイ防止対策としてもオススメ。

酢にはまた、発汗を促す成分が含まれているため、酢入りのお風呂に入っていると、汗腺から成分が吸収されて血行がよくなり体を芯からあたためてくれ、汗腺機能の回復を助けてくれます。
気になる酢のニオイは入浴後にシャワーで洗い流せば大丈夫です。

穀物酢のニオイが苦手という人は、りんご酢イチジク酢などのフルーツ酢を使ってみて下さい。
ツンとせず、甘くてフルーティな香りの湯船になります。

食用酢以上の効果を狙うなら、竹酢(ちくさく)液木酢(もくさく)液がオススメ。
竹酢液は竹炭を、木酢液は木炭を作るときに抽出されるエキスで、薬局やスーパーなどで手軽に手に入ります。

体臭を消し去る「重曹」を入れる

重曹 お風呂 体臭 画像
重曹はパンやお菓子のふくらし粉の他、お掃除にも大活躍しますが、体臭を抑える効果もあります。

なぜ体臭を抑える効果があるのか?その理由は大きく分けて3つあります。

1つめは、研磨作用
重曹の粒子は細かく、軟らかい結晶なのでスクラブのような働きで毛穴の汚れをかき出してくれます。

2つめは、中和作用
重曹はアルカリ性の性質をもつので、酸性の物質を合わせると中和されます。
脂肪の汚れ(脂肪酸)や汗に含まれる臭い成分である酸性物質を中和し、除去するのです。

また、臭いの元となる皮膚の雑菌を落とすことにも効果的。
普通、皮膚の表面にいる雑菌は酸性に弱いため、酢水で足浴したり、スプレーすると雑菌の繁殖を抑えられるのですが、逆にアルカリ度が強くても雑菌は繁殖しにくくなります。

3つめは、軟水作用
日本の水は比較的軟水だと言われますが、それでもカルシウムやマグネシウムが含まれています。
水に重曹を入れると、中に含まれるカルシウムやマグネシウムをはさみ込むので、肌への刺激を抑えたやさしい水になります。

これらの効果により、体臭を消し去る重曹ですが、お風呂に入れると効果的!

重曹を一握り程度、入浴剤代わりにお湯に入れてみて下さい。
やさしく、しっかりと肌の汚れを取り、体臭の原因である酸性物質やアルカリ性物質まで消し去ります。
長く続けると、肌の代謝力が高まり透明感もアップしてきます。

重曹には掃除用や農業用などもありますが、お風呂で使う重曹は、食用または薬用を選びましょう。

汚れを落としてくれる「米のとぎ汁」を入れる

体臭 予防 お風呂 画像
米のとぎ汁をお風呂に加えると、汗腺トレーニングの効果がアップします。

米のとぎ汁は、酵素の働きによって脂肪分やアカを分解する効果を高めてくれるので、汚れを効率良く落としてくれます。

湯船から上がってシャワーで洗い流せばOK!

リキュア

デトックス入浴法

汗腺トレーニング以外にオススメな入浴法をご紹介します。
汗もニオイも1日の疲れも「入浴」で解決しちゃいましょう!
体臭 お風呂の入り方 画像

基本はぬるめの半身浴
39℃前後のぬるめのお湯に20~30分つかりましょう。
体全体にじんわり汗をかく程度が理想です。
心臓から下がつかるので、のぼせやすい人でも苦になりません。
なかなか汗をかけない人は、ここでもお酢をコップ1杯程度、湯船に入れてみましょう。
汗が出やすくなるうえに、酢の殺菌作用でニオイを防ぐことができます。

温冷交替浴で代謝を高めよう
41~43℃の熱めのお湯に3分つかります。
湯船を出たら冷たい水のシャワーをひじ先とひじ下にかけます。
これを何回か繰り返します。
上級者向けなので体力のない人は無理をしないようにして下さい。
体が冷え気味の人、不規則な生活で自律神経が乱れている人、運動不足の人、ダイエットしたい人に最適です。

シャワーマッサージでリンパを刺激しよう
シャワーの水圧を強くしてマッサージを行いましょう。
首から鎖骨、わきの下、ひざの裏、そけい部(太もものつけ根)へとシャワーの水流をじっくり当てていきます。
リンパ節のある部位なので、老廃物の排出を促してくれます。
シャワーで円を描きながら1か所につき30秒~1分ずつ当てていきます。

体臭を減らしたいなら断然「夜」風呂!

朝風呂体臭 画像
立ったり座ったり、歩いたりなど体を動かしたり、血液の循環が悪かったり、栄養のバランスが崩れたりすると、体内に疲労物質の乳酸が増えます。

乳酸が増えると、体内環境は酸性に傾き、汗の中にイヤな臭いのもとになるアンモニア成分が増え、汗のニオイが強くなります。

体臭を軽減するには、体内の乳酸をできるだけ減らすことが大事!
乳酸を減らす一番簡単な方法が毎日の入浴です。

時間をかけてゆっくりと湯船につかると血液の循環がよくなり、乳酸が減少します。
そして、夜に入浴したあとにすぐ寝れば、乳酸が減った状態のまま朝を迎えることができます。

一方、同じ入浴でも、朝に急いで入ると体内にたまった乳酸を十分に減らすことができません。
登校や出勤前に入浴する人も多いと思いますが、朝の入浴は入浴後すぐに活動を開始することになるので、体内でさらに乳酸が増え、体臭が強くなってしまいます。

体臭を少しでも減らすには朝風呂やシャワーではなく、夜ゆっくりと湯船につかる入浴を心がけましょう。

デオドラントバーム

入浴後のクールダウン

入浴後すぐにクーラーや扇風機の冷気にあたって汗をかかないという人が増えていますが、強制的に体を冷やすことはいけません。

入浴後のクールダウンにこそ汗腺の働きを高めるポイントがあります。

体臭 お風呂 画像

正しいクールダウンの方法を知って、汗腺の機能アップを目指しましょう。

まず、入浴後はゆっくり汗をかき、体温を自然に下げることが大事。
入浴後の汗は、肌に湿り気を残すくらいを目安に、タオルを軽く押しつけて拭き取ります。
固く絞った濡れタオルでふくのもオススメです。

なるべくクーラーや扇風機に頼らず、ほてりはうちわで顔をあおぐなどして静めて下さい。
そして、すぐに服を着ないで、汗が収まるのを待って体が冷える前にパジャマ着ましょう。

お風呂上がりに飲みたいドリンク

しょうが体臭 画像
入浴後のクールダウンには、発汗を促すドリンクがオススメ!
汗腺機能がさらにアップします。

サワードリンク
リンゴ酢や黒酢などを蜂蜜と一緒にお湯で溶きます。
夏場は常温に冷ましておくと飲みやすいです。

クエン酸を含むお酢は身体のエネルギー代謝を円滑にするため、自然な発汗を促します。

生姜ドリンク
すりおろした生姜に蜂蜜を加えてお湯で溶きます。
好みでレモンを加えてもOK!
夏場は常温に冷ましておくと飲みやすいです。

発汗作用のある生姜は汗腺の機能を高めてくれます。

飲んではいけないもの
キンキンに冷えたビールやジュース。
お風呂上がりに冷たいものを飲むと、せっかくの発汗が止まってしまいます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。