デリケートゾーンの臭いって、女性が特に気になるところですよね。
臭いが気になるので、石けんでゴシゴシ洗っている人も多いかもしれませんが・・・洗いすぎは禁物。
もちろん洗い残しは臭いの原因になるので、シャワーなどで清潔に保つことは大切ですが、洗いすぎはいけません。
今日は、デリケートゾーンの正しい洗い方とポイントをご紹介します。

なぜゴシゴシ洗ったらダメなの?

デリケートゾーン 洗い方
膣には自浄作用があり、外からの雑菌の侵入を防ぐ働きを持っています。
膣内にはデーデルライン乳酸菌という常在菌がいて、膣内を酸性に保っていますが、殺菌作用の強い石鹸やビデなどで洗いすぎると、デーデルライン乳酸菌が排除され膣内が中性化して、雑菌や真菌が繁殖しやすくなり、ニオイの発生につながってしまうのです。

洗いすぎると逆にphバランスが崩れて細菌が入りやすくなります。
特に、更年期前後から膣の自浄作用が衰える傾向にあり、phバランスを崩しやすいので、やはり洗いすぎはおすすめできません。

外陰部の凹凸は、ちょっと洗うだけでは汚れが落ちません!

デリケートゾーンの洗い方はごく優しくが基本です。
そして、洗う時のポイントは「外陰部」を丁寧に洗うこと。
外陰部の凹凸は、ちょっと洗うだけでは汚れが落ちません。
石鹸を泡立てて指を使って丁寧に落としましょう。
デリケートゾーン 石鹸 画像

特に大陰唇と小陰唇の間にある溝の部分には、皮脂などが固まった恥垢(ちこう)、トイレットペーパーや生理用品の繊維などが溜まりやすい部分なので、念入りに洗って下さい。
クリトリスの包皮に隠れている部分も広げてしっかり洗いましょう。

膣内は、シャワーを当てて少し水圧をかけるだけにします。
膣内にとって、アルカリ性の高いボディソープはもちろん、石鹸でさえも刺激が強すぎます。

どうしても石鹸を使いたいという場合は、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うのがオススメです。

そしてすすぎは、時間をかけてしっかり行うことが大事!
せっかく汚れを浮かせても、すすぎが不十分だと汚れが残ったままになってしまい、ニオう原因になります。

水分は雑菌のもとになるので、お風呂から上がった後のケアも大事です。
すぐに下着をつけず、湯ざめしないように気をつけながら性器周辺を乾かします。

上記のように十分なケアをしてもニオイが気になる場合、アンダーヘアの脱毛も1つの方法です。
アンダーヘアも脇毛同様にニオイをこもらせ、拡散させてしまうので、処理することで改善される可能性があります。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。