食べ物には、ニオイを作る食材と作らない食材があります。
体臭を予防したいなら「ニオイを作る食材」をなるべく避けた食生活を心がけることが大事!
下に挙げる食べ物は、普段私たちが当たり前のように口にするものばかりで、もう何も食べられないじゃないか!と思うかもしれませんが、体臭がきつくなるような食材は、食べる頻度を減らし、なるべく控えるといった心がけで良いのです。

要は「食事のバランス」が大事なのです。
バランスのいい食生活を心がけていると、いかに自分が偏った食事をしていたかに気付くなど、食生活が自然と変わるはずです。

特に、好きなものを控える・止めるストレスは相当なもの。
そこまで神経質になる必要はありません!
体臭予防のためにも”適量”を意識して食べるようにしましょう。

焼き肉やステーキを頻繁に食べている人

体臭原因食べ物 肉
お肉ばかり食べていると体臭は確実にきつくなります。
動物性タンパク質の肉は、消化・分解に時間がかかる食材。

日本人は欧米人に比べて腸が長く、分解された食べ物が腸内に長くとどまるという特徴があるので、肉は一層長い時間とどまり、腸内で発酵して腐敗臭を発生させてしまうのです。

また、分解されるとアンモニアになり、血液に運ばれて汗に出ます。
ツンとするようなアンモニア臭が強くなるので、汗のニオイもきつくなります。

それから、動物性の脂質を多く摂取すると、皮脂腺が刺激されて働きが活発になります。
皮脂の分泌が増え、酸化すれば臭いの元になります。

さらに、消化のために臓器の活動が活発化すると体温が上昇し、発汗が起こります。
汗をかけば、やはりにおいやすくなるので、これも体臭を強くする原因。

これだけの体臭要素が揃っているのが肉類!

お肉を食べるとき、野菜もきちんと食べていますか?
お肉ばかり食べて、野菜などの食物繊維が不足していると便秘になりやすく、便秘がちな人がお肉ばかり食べていると腸内で腐敗し、おならがくさくなります。
また、おならだけでなく、口臭も強くなる可能性があります。

お肉を食べるときは、なるべく早く排出させるために、食物繊維を多く含んだ食材や野菜と一緒に食べるようにしましょう。
もちろん・・・お肉の食べ過ぎはいけません!

食後やおやつにスイーツが欠かせない人

乳製品はカロリーやコレステロールが高いので、摂り過ぎに気をつけている人も多いのではないでしょうか?
肉や乳製品に多く含まれているのは「動物性脂肪」ですが、摂りすぎると皮脂の分泌が増えるので、ニオイが発生する原因になります。

体臭原因食べ物 画像 ケーキ

牛乳や生クリーム、バターには乳脂肪分が多く含まれています。
チーズは発酵食品なので腸内環境を整えるメリットもありますが、動物性脂肪なのでやはり食べ過ぎには注意が必要です!

サラダは断然「生野菜派」という人

体臭原因食べ物 画像
食べ物には体を冷やす食材と温める食材があります。
野菜でいえば夏が旬のキュウリやレタス
生野菜ばかりのサラダを食べていたり、冷たい飲み物ばかり飲んでいると体を冷やしてしまいます。

人間の体は血液が巡ることで全身の温度が一定に保たれますが、どこか一カ所でも急激に冷やされるところがあると、そこから冷えが全身に広がってしまいます。

体が冷えると常在菌の活動が鈍ります。
常在菌は体表面で35℃以下、体内で36℃以下になると元気がなくなると言われています。
常在菌の元気がなくなると、腸内および体表面のセルフケアが十分でなくなり、体臭が強くなります。

野菜は生野菜だけではなく、温野菜や根菜類など体をあたためるものも取り入れましょう。

白ご飯・パンやパスタが大好物な人

白ご飯・パンやパスタが嫌い・・・という人は少ないと思いますが・・・白米は食べ過ぎることで体臭の原因となる可能性があります。
また、パスタやパンに使われている精白した小麦粉やお菓子作りや料理に欠かせない白砂糖も実はニオイを作る食材。
体臭原因食べ物 白ご飯

こうした炭水化物や精白された食品は、乳酸や酢酸などの疲労物質を発生させます。
すると体内で活性酸素が大量に発生し、脂質が酸化します。
こうして生じた過酸化脂質が皮脂腺に詰まると、悪臭が発生するのです。

さらに、白米やパンを食べ過ぎたり、よく噛まないで食べると腸内腐敗がおき、ニオイの原因となります。

ごはんを食べるなら精白米より玄米がオススメ!
そして、よく噛んで食べる習慣をつけましょう。

エスニック系や激辛系の料理を習慣的に食べる人

体臭原因食べ物 赤唐辛子
唐辛子を使ったエスニック料理やアジア系料理は、体を温めてくれるメリットもありますが、刺激的な味わいは交感神経を刺激して、汗の分泌を高めます。
ニオイの強い汗を出すアポクリン汗腺も刺激するので、一時的にニオイがきつくなりやすいです。

たまに食べる程度なら大丈夫ですが、週に何度も食べたり、どんな料理にも七味唐辛子をふって食べたりする人は要注意です。

毎日大量にお酒を飲む人

適度な量のお酒はストレス解消に役立ちますが、飲みすぎると活性酸素を増やし、加齢臭などを加速させます。
また、お酒は体内で分解されるとニオイ物質を出すため、飲みすぎると悪臭の原因にも。
体臭原因飲み物 アルコール

お酒の適量は、ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯くらいです。

お酒に含まれるアルコール成分には、それ自体に強いニオイがあります。
そのうえ、アルコールは代謝されるとアセトアルデヒドや酢酸といった、さらに強いニオイ物質に変わります。
これらが汗となり、呼気となって二日酔いの強烈なニオイを生み出すのです。

1日に何杯もコーヒーを飲む人

体臭原因飲み物 コーヒー 画像
コーヒーなどの刺激物は摂りすぎると加齢臭の原因にもなり、健康にも良くありません。
でも、コーヒーのいい香りを嗅ぎながら、リラックスできる時間は至福ですよね・・・。
体臭予防のためだからって、無理に控えようとするのはストレスの元になります。

ストレスもまたニオイの大敵なので、1日に何杯も飲んでいるという人は、回数を減らすなどして”ほどほどの量”にしましょう。

インスタント食品やスナック菓子を食べることが日課になっている人

スナック菓子やインスタントラーメン、ポテトチップスなど、油分が多く含まれた食べ物が大好きという人は要注意!
スナック類に使われている油の多くは酸化していることが多いので、腸の中の悪い菌を優勢にさせてしまいます。
体臭原因食べ物 ポテチ 画像

また、油分の多い食材を多くとっていると、血中の油濃度が高くなります。
こうして血液に溶け込んだ油は全身に運ばれ、毛細血管を介して皮膚の表面から分泌されるようになり、皮脂の分泌量を増やします。

油分をとるなら、オリーブオイルがオススメです。

スーパーのお惣菜や唐揚げなどのフライ系をよく食べている人

体臭食材 唐揚げ 画像
油で揚げた食べ物は、できるだけ揚げたてを食べるようにしましょう。

時間がたてばたつほど酸化が進み、活性酸素を体内でたくさん発生させてしまうからです。
また、古い油や使い回しの油で揚げているような食べ物も避けた方が良いです。

おすすめの記事