脇の下のにおいを抑えるデオドラント剤にはいろいろなタイプが出ています。
商品によってその作用が変わってくるので、用途や目的によってタイプを選ぶことが大切!
デオドラント剤を選ぶ時に特に注意したいポイントが、防ぎたいニオイが、単なる多汗からくるものなのか、わきが臭なのか。
ニオイの原因によってデオドラント剤を選ばないと効果がないばかりか、余計に悪臭を放つことにもなりかねません。
デオドラント剤を使い分けることができれば、ニオイ対策の効果がグンと上がります。

デオドラント剤を上手に使うコツ

デオドラント剤を上手に使うコツ
使い方は部分的&短時間が基本です。
デオドラント剤によって広い範囲の汗腺がふさがってしまうのは逆によくないので、広範囲に塗布したり、長時間の使用はなるべく控え、外出から戻ったら拭き取るようにします。

特に皮膚が敏感な人は、殺菌成分に負けて皮膚トラブルを起こす可能性があるので、必要がない時にはデオドラント剤を使わない、使ったら濡れタオルなどできちんと拭き取るようにしましょう。

あなたの”ニオイ”はどのタイプ?

ドラッグストアで取り扱っているのは、汗を抑える「制汗作用」、においをとる「消臭作用」、細菌の数を減らす「殺菌作用」などをバランスよく組み合わせたタイプが主流。
ワキガ 効果的 デオドラント 画像

それぞれの効果に特化した商品もあるので、「汗っかきだからしっかりと汗を抑える効果が欲しい」という人は、制汗作用に優れた商品にする、というように選んでいきましょう。

スプレー&パウダータイプ

使った時に清涼感があるのが特徴。
制汗作用の高いものが多いので、脇の汗や汗臭さを抑えたい時にオススメ。
多汗が原因のにおい対策には、このタイプが良いでしょう。

ロールオン&クリームタイプ

効果が長持ちするのが特徴。
脇毛の処理をしていない男性はこのタイプがオススメ。
スプレータイプだと毛が邪魔になって成分が皮膚に行き渡りにくいです。

殺菌作用が強いものが多いので、わきが臭の予防にオススメ。
わきが臭の場合は、デオドラント剤は香りが混ざらない無香性のものにしましょう。
自分では気づきにくいのですが・・・わきが臭とデオドラント剤の香料が混ざるとけっこう不快なにおいがします。

ただし、このタイプは殺菌作用が強いので、皮膚のかぶれや黒ずみの原因にもなるので、長時間の使用はオススメできません。

ふきとりシート

急な発汗に悩んでいる場合は、持ち歩けてすぐに使えるシートが便利です。

関連キーワード
体臭対策】の最新記事
  • 女性も知っておきたい!ペニスがニオう原因&正しい洗い方
  • 便秘の人はなぜ体臭や口臭が臭くなる?効果的な対策&解消法
  • 体臭予防に効果的なお風呂の入り方&汗腺トレーニングのやり方
  • 洗いすぎはダメ!デリケートゾーン&恥垢の正しい洗い方とポイント
  • ワキガと多汗とで使い分けよう!デオドラント剤の効果が増す選び方
  • ゴシゴシ洗いすぎは体臭を強くする!ニオイを消す洗い方とは?
  • デリケートゾーン(陰部)のかゆみや臭いはヨーグルトパックで解消
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。