脇の下の臭いって、体の中でも特に気になる臭いですよね・・・。
暑い夏はもちろん寒い冬でさえ、他の部分は汗をかかないのに、脇だけは汗をかくという人も多いのではないでしょうか。
汗をかくとやっぱり気になるのが、脇の下特有の”臭い”。
なぜ、脇の下は臭うのでしょうか?

脇の下が臭う原因

脇 におい 画像
脇の下は、エクリン汗腺だけでなくアポクリン汗腺も発達しているため、汗をかきやすく
また、皮脂の分泌も盛んで、タンパク質やアミノ酸、脂質、ミネラルといった細菌の栄養分になる物質もたっぷりあります。

汗そのものにほとんどニオイがなくても、これらの物質と結びつき、酸化・分解されることにより強い臭いになるのです。

さらに、脇の下は環境的にも臭いの発生しやすい条件が揃っています。
脇の下は胴体と二の腕の裏側に挟まれて汗が蒸発しにくい上、洋服にも覆われているので、高温多湿となり、細菌の繁殖が進むのも脇の下が臭う原因です。

このように汗がたまりやすく蒸発しづらい場所では、アンモニアや尿素といった臭い成分が凝縮されます。
さらに、重炭酸イオンが蓄積されて皮膚上がアルカリ性に傾きやすくなります。
悪い働きをする黄色ブドウ球菌たちはアルカリ性が大好物のため活発になり、悪臭をどんどん生み出すことになるのです。

また、脇の下には「脇毛」が生えています。
脇毛自体には、本来ごくわずかしか細菌は存在しないのですが、汗の水分が湿り気として溜まるため繁殖が進み、そこで作られた臭いが毛に絡まってとどまる一方、外部へと発散されるため、とても強い臭いに感じられます。

女性に比べて男性の体臭が強いと言われるのは、男性の方が脇毛の手入れをほとんどしないことが一因です。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/289"]
おすすめの記事