汗を大量にかくと「汗臭い・・・ニオッてない?」と気になるのが体臭。
「汗=体臭のもと」と思いがちですが、汗をかくこと自体が体臭の原因ではありません。
でも、この汗こそが体臭に深くかかわる問題でもあるのです。

ニオう汗とニオわない汗

アポクリン汗腺 画像
汗は、体の表面にたくさん存在する「汗腺」から出ていて、人間が体温を一定に保つことができるのは、この汗腺の働きのおかげです。
汗なんて出なかったらいいのに・・・と思うかもしれませんが、水分を蒸発させて体温を調節する働きをしている汗は、人間にとって欠かせないもの。

汗腺には、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類があり、この2つの汗腺は、分布する部位や汗の質、ニオイなどに大きな違いがあります。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は、全身に分布していて、数は1㎠あたり100個以上も存在する、肉眼では見えない小さな汗腺。
ザッと計算すると、全身でおよそ200万個のエクリン汗腺が存在していることに・・・。
そんな汗腺から排出される汗の量は、1日約1.5ℓにもなります。

エクリン汗腺から出る汗の成分は99%が水で、残りの1%は塩分、尿素、アンモニアなどが混ざっています。
エクリン汗腺から出る汗の成分は、ほぼ水なのでサラッとしていて、ほぼ無臭です。
つまり、エクリン汗腺から出る汗は体臭そのものにはならないのです。

また、エクリン汗をかいた直後は、皮膚が酸性に傾いており、酸性の方は皮膚の常在菌が繁殖しにくいので、これもニオイの発生を抑えてくれる要因になります。

アクポリン汗腺

アクポリン汗腺は、エクリン汗腺と違い、分布している箇所が限られます。
脇の下、おへその周り、耳の外耳道、乳首の乳輪や性器、肛門の周りなど、濃い体毛が生える場所にあり、毛穴と出口を共有している大きな汗腺。

アポクリン汗腺は、成長にともなって大きさが変化するのが特徴で、男性ホルモンの影響で活発になり、思春期の前後に大きく発達します。
思春期になると、イクラの粒くらいの大きさになり、そこからタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフスチン、鉄分などを含んだ、やや粘り気のある汗が出ます。

アポクリン汗腺か出る汗は、このように栄養たっぷりな上、塩分をほとんど含まないので、皮膚の常在菌が繁殖しやすく、その発酵臭が独特のニオイのワキガ臭となるのです。

体臭=汗+皮脂+細菌

エクリン腺とアポクリン腺以外にもうひとつ全身の皮膚に存在しているのが「皮脂腺」
皮脂腺は、体表面上のすべての毛穴に存在し、脂肪分(皮脂)を分泌し、肌や髪の毛の潤いを保ったり、また外敵から身を守ったりする役目をしています。
表皮ブドウ菌 画像

そんな肌を守るバリアともいえる皮脂ですが、ここから分泌物の油脂成分が出て、エクリン汗腺から出る汗やアポクリン汗腺から出る汗と混ざり合うことで、ニオイの原因になり、エクリン汗もアポクリン汗もニオイが非常に強くなってしまうのです。

さらに、人間の体には、さまざまな細菌が棲んでおり、その中にはよい働きをするものと悪いはたらきをするものがいます。

健康な皮膚上では「表皮ブドウ菌」という細菌が勢力を持っています。
表皮ブドウ菌はよい働きをする細菌で、彼らは皮脂や汗を食べて分解し、肌を弱酸性に保ち、よい香りのもととなる脂肪酸を作ります。

しかし、「黄色ブドウ菌」や「真菌」といった悪い働きをする菌が優位になっているときは要注意!
彼らが皮脂や汗を食べて作りだす脂肪酸は悪臭を放ち、またアンモニアやインドールなどの不快なニオイとなるのです。

この不快なニオイこそが、体表面から立ちのぼる「体臭」の正体
つまり、体臭は汗をかくことだけで発生するものではなく、「汗+皮脂+細菌」によって発生するものなのです。

皮脂腺は、動物性脂肪をたくさん摂取すると、刺激されて働きが活発になります。

特に、ワキガ体質の人が動物性脂肪を摂りすぎると、皮脂腺からの分泌が増え、それがアポクリン腺とエクリン腺を発達させる原因になり、臭いをさらに強くしてしまいます。

体臭やワキガ臭が気になる人は、動物性脂肪の摂りすぎに注意しましょう。

関連キーワード
体臭】の最新記事
  • 女性も知っておきたい!ペニスがニオう原因&正しい洗い方
  • 便秘の人はなぜ体臭や口臭が臭くなる?効果的な対策&解消法
  • 体臭予防に効果的なお風呂の入り方&汗腺トレーニングのやり方
  • 臭い体臭の元は悪い汗が原因!いい汗?悪い汗?自己チェックする方法
  • 洗いすぎはダメ!デリケートゾーン&恥垢の正しい洗い方とポイント
  • 体臭がきつくなる原因になる食べ物&食生活を一覧でチェックしよう!
  • ダイエット臭からケトン臭へ変わる前に!ニオう原因&予防・対策法
  • ワキガと多汗とで使い分けよう!デオドラント剤の効果が増す選び方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。