男性でも女性でもデリケートゾーンのニオイってすごく気になりますよね?
自分自身でニオイを嗅ぐのが難しいので、はたして自分がにおっているのかどうか判断しづらいもの。
また、場所が場所だけに、他の人はどんなニオイなんだろうか?と、比べることもできず、相談もしづらいため、一人で思い悩んでしまうことがあるのではないでしょうか?

でも!デリケートゾーンに多少のにおいがあるのは当たり前
性器の周囲にはアポクリン汗腺や皮脂腺が密集しています。
しかも、アンダーヘアが生え、常に下着で覆われているため、ニオイがこもりやすい場所でもあります。

とは言え・・・デリケートゾーンのニオイに悩むのは、男性よりも圧倒的に女性の方が多いのも事実。
なぜ、女性ばかりがニオイを気にするのでしょうか?

臭う原因は?女性の方がニオイが強いワケ

デリケートゾーン におい 画像
女性器の構造上の問題が「ニオイ」に大きく関わっています。
外に出ている男性器に対し、女性器は体の奥まった部分にあり、外陰もヒダやクリトリスなど凹凸が多く、複雑な形をしています。

しかも、内部ではおりものや血液のほか、さまざまな分泌液が常に出ているため、それらのニオイが混じり合い、独特なニオイを生んでいるのです。
「性器が臭う」原因はここにあります。

また、性器は排泄器に近いため、性器のニオイと排泄物のニオイを混同してしまっているということもあります。

さらに、汗をかきやすい部位なので、下着やストッキングで締めつけていると、蒸れて、雑菌が繁殖してニオイが強くなりがち。

肉や脂っこいもの、ニオイの強いにんにくやにらなどを大量に摂ると、体臭が強くなるように、性器周辺についても同じようなことがいえるでしょう。

一般的なニオイの原因とは別に「スソワキガ」でにおっている場合もあります。
スソワキガとは、性器が脇の下のワキガと同じような臭いがすること。
日本人ではごく少数ですが、ワキガと同様、アクポリン腺から出る汗が主な原因です。
日本人のすそわきがは軽く、専門医の治療で簡単に治せることがほとんどです。

ただ、デリケートゾーンのニオイが強い大半の原因は「洗い残し」
特に女性は自分の陰部がどういう形をしているか?まじまじ見ることがないので、よく分からない・・・ですよね。
でも、一度よく見てみることをオススメします。
ニオイのほとんどの原因が洗い残しだと分かっても、ある程度理解していないときちんとキレイに洗うことができません。

[clink url="http://diveperu.com/wp/archives/385"]

デリケートゾーンのニオイ対策

まずは、お風呂に入ったとき、陰部の洗い残しに気をつけましょう。

そして、シルクなどの通気性のいい素材の下着をつけ、ガードルなどで締めつけないようにしましょう。

デリケートゾーン におい 画像

脂っこいものや肉、においの強い食材をたくさん食べ過ぎないことも大切です。

あまり神経質になる必要はありませんが、このようなことに気をつけても、まだ気になるニオイがある場合・・・。
要注意なのが、おりもののニオイがいつもと違うとき。

子宮や膣が炎症を起こしているとき、おりものは強いニオイを放ちます。

おりものの異常でわかる主な病気やトラブル

織物 臭い 病気
おりものは、子宮頸管や膣の分泌物で、正常な状態では甘酸っぱいニオイがし、半透明か白色で、乾くと黄色っぽくなります。
量は、排卵期でやや多く、妊娠すると増えます。

ただし、何らかの病気や異常があると、ニオイや色に変化がみられます。
病気によっては、外陰部にかゆみや痛みをともなうものもあるので、いつもと違う、おかしいなと思ったら早めに婦人科を受診するようにしましょう。

クラミジア
性交渉が主な原因で、発見が遅れると不妊症の原因になることもあります。
おりものがやや増え、水っぽくなるくらいで、ほとんど自覚症状がないため気付かないことも多い病気。
病気が進行すると下腹部痛や性交痛、月経時以外の出血などを生じます。

淋病
淋菌によって感染し、性交感染が主な原因です。
おりものが黄色いうみのようになります。
量が多く、悪臭をともなうこともあり、下腹痛、排尿痛といった症状が起こることも。
男性も尿道炎になり、黄色いうみが出て排尿時に痛みをともないます。
男性側が先に発症し、それで女性の感染も分かるという場合が少なくありません。
パートナーが発症したら、無症状でも病院へ行くのがオススメ。

カンジダ膣炎
白くてポロポロした、カッテージチーズのようなおりものが出て、外陰部に激しいかゆみをともないます。
カビの一種のカンジダ菌による炎症で、体の抵抗力が落ちているときや、抗生物質を続けて飲んでいるときにかかりやすくなります。

トリコモナス膣炎
性交渉が主な原因ですが、プールなどで感染することもあります。
黄色や黄緑色のおりものが出て、うみのような悪臭をともなうことも。
トリコモナス原虫によって感染し、外陰部のかゆみが特徴。

尖圭(せんけい)コンジローマ
外陰部にとがったイボのようなものができるのが特徴で、セックスをすると痛い場合があります。
ヒトパピローマウイルスによって起こる病気で、感染するとおりものが増え、やや悪臭がします。
子宮頸がんの原因となるウイルスと同じ仲間なので、パートナーも一緒にきちんと治療することが大切です。

子宮の病気
茶褐色やピンク色のおりものがある場合は、子宮内の病気の可能性があります。
子宮頸がん、子宮体がん、子宮頸管ポリープなども心配ですから、早めに婦人科を受診しましょう。

タンポンの出し忘れ、コンドームが残っている
おりものが茶色っぽいうみのようになり、腐敗臭があります。
炎症が起きている場合もあるので、念のため婦人科を受診しておきましょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。