女性の体臭は、月経周期に合わせて微妙に変化しています。
月経前になると、女性ホルモンの影響で皮脂腺が多く分泌されるようになり、分泌される皮脂があまり多いと、腺の出口が詰まり、皮脂腺中の脂肪酸が酸化して体臭やわきが臭などが強くなります。
特にワキガの人の場合は、月経が近づくと普段よりニオイが強くなる傾向があるようです。
ただし、月経周期のニオイの変化には個人差があり、排卵期に強く感じる人、月経前にきつくなる人などさまざまです。

女性が一番ニオイに敏感になる時

月経前 匂い 画像
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経周期によってそれぞれ分泌量が異なります。

月経時はエストロゲンもプロゲステロンも分泌量は低めで、ニオイには鈍感だと言われています。

エストロゲンの分泌は、排卵期にむかって高まり、この排卵期に女性の嗅覚は敏感になると言われています。
動物行動学的に考えれば、自分の子を産み育てるのに最適なオスを捕まえるために嗅覚が鋭くなるのでしょう。
人間も同じで、自分好みの男性を本能で嗅ぎ分けているのかもしれませんね・・・。
排卵を過ぎると、エストロゲンの分泌はなだらかに低下していき、プロゲステロンの分泌が高まります。

月経時に気になるにおいの原因

月経時になると、性器周辺のニオイがきつくなっていないかな?臭くないかな?と気になる女性は多いと思います。
特に、そんな時に男性とデートとなると・・・気になって気になってしょうがない!
月経 匂い

生理が始まり、皮脂の分泌が増えて皮脂腺に脂肪酸が詰まったり、血液が膣から外に出たりして酸化するとニオイが発生します。
酸化した血液は鉄サビのような独特な臭いがしますが、これ自体はほとんど感じられない臭いなんだそう。

むしろ、月経時の臭いは、ムレからくることが多いのです。

もともと性器周辺部は汗をかきやすい箇所でもあり、長時間ナプキンを当てたままにしていると、蒸れてきて雑菌が繁殖しやすくなります。
その結果、ニオう・・・というワケです。

さらに、ナプキンの上にはく生理用ショーツも蒸れやすい素材のものが多く、臭いの発生を加速させます。
その上、ストッキングやガードルをはき、局部を締めつけていればなおさらのこと。

生理の時にニオわないようにする対策

月経周期 におい 画像
シャワーなどで清潔に保つことが一番ですが、洗い過ぎには注意しましょう。

綿素材や絹など通気性のいい下着、ナプキンを使用し、生理中はストッキングやガードルで締めつけないようにすることも大事です。

そして、ナプキンやタンポンは3時間くらいの間隔で取りかえるようにしましょう。

わたしニオってる?という心配をなくすために・・・

「彼氏からアソコが臭い」と心ない一言で傷付いたり、悩んでしまう女性は多いもの。
でも、女性には月経周期に合わせて、おりものの量が変化したり、ニオイが変わったりするのはしょうがないことです。

性感染症などの原因があって臭う場合もありますが、多くの場合は女性本来のおりもののニオイだったり、興奮時にアポクリン腺から出る汗のニオイだったりします。

大切なのは、自分の月経周期を把握しておくこと。
ホルモンの変動を理解しておけば、「今は排卵期だからニオイが気になってしまうのかも」と、彼氏に打ち明けることができますし、何より自分の気落ちが楽になるはずです。

ニオイに振り回されないために、健康な状態の自分のおりもののニオイを知っておくことも大切です。

自臭症

口臭も体臭もなく、ほとんどニオイがしていないのに、自分でニオうんじゃないかと不安になることを「自臭症」と言います。

もともと神経質な人に多いようですが、不安になりすぎて、ニオイがないのにニオっていると思い込んでしまうのです。

自臭症 画像

そもそもニオイというのは、自分では気づきにくく、他人に指摘されない限り分かりません。
かといって、他人に指摘されれば傷つきますし、他人に「私のニオイってどんなニオイ?」と、確認してもらうのも難しいでしょう。
家族ならまだしも、恋人に指摘されるなんてショックで立ち直れないかもしれません・・・。

自分のニオイが確認できないから余計心配になってしまうのですが、まずは、自律神経やホルモンバランスの乱れなど、ニオイの元になる原因を取り除いて「ニオわない自分」に自信をもつこと!

毎日お風呂に入り、普通にデオドラントケアをしていれば、「きっと大丈夫!」と、自分を信じてください。
現に、臭くて臭くてたまらない・・・という女性に遭遇したことはほとんどない・・・イヤ、本当にマレなことですよね?!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。