「ビタミン」で加齢臭を消す

加齢臭 対策 ビタミン
活性酸素と闘ってくれる抗酸化の要は「ビタミン類」
ノネナールは、抗酸化作用のある食べ物で抑制でき、抗酸化ビタミンが加齢臭対策に有効!

抗酸化ビタミンとは、ベータカロテン、ビタミンE、ビタミンCなどに含まれるビタミンのこと。
ビタミンEとビタミンCは、お互いの劣化を防ぎ合う効果があるので、一緒にとるとより効果的です。

ビタミンE

ビタミンEには、活性酸素を消去する抗酸化作用があります。
特にビタミンEは「若返りのビタミン」とも言われており、油の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、まさに、老化防止にはかかせないビタミン。
加齢臭 対策 ビタミンE 画像

ビタミンE自身はとても酸化されやすく、体内で活性酸素といち早く結びついて活性酸素を消去し、体内の他の成分が酸化されるのを防いでくれるのです。

ビタミンAやビタミンC、カロテン類など他の抗酸化成分と一緒に摂取すると、抗酸化作用がより高まります。
また、ビタミンEは脂溶性なので油脂と一緒に摂ると吸収が高まり、熱や酸に強いので炒めても成分が損なわれません。

ビタミンEは、野菜に多く含まれ、特に緑黄色野菜に多いのが特徴。
魚介類も幅広くビタミンEを含んでいます。

ビタミンEを含む食品の保存方法
ビタミンE自体が酸化しやすいため、ビタミンEを含む食品を保存する場合は、光に当てないよう冷暗所に置き、なるべく空気に触れないようにしっかりと封をするとよいでしょう。
また、封を切ったら早めに食べきることも有効です。

野菜
アスパラガス、モロヘイヤ、アボカド、かぼちゃ、さつまいも、赤ピーマン、にら、ほうれん草、たけのこ、春菊、大根葉

果物
キウイ、ブルーベリー、プルーン

魚介類
ウナギ、カレイ、シャケ、さば、サンマ、シシャモ、カニ、エビ、ウニ、イクラ、ホタテ、マグロ、ツナ缶(オイル漬け)

その他
玄米、胚芽米、ゴマ、アーモンド、ピーナッツ、コーン油、菜種油、ひまわり油、オリーブオイル

植物油にはビタミンEが多く含まれ、油の酸化を防止していますが、時間がたつとビタミンE自体が酸化されてしまい、ビタミンEが本来もつ抗酸化作用の働きは期待できなくなってしまいます。
植物油は鮮度にこだわり、小さめのボトルを購入するなどして、長く保存せずに早めに使い切るようにしましょう。

ビタミンC

加齢臭 対策 ビタミンC
ビタミンCにも強い抗酸化作用があり、加齢臭防止には欠かせない栄養素です。
また、血管や骨を強くして、白血球や骨を強くして、白血球の働きを強め免疫力を上げるという働きも持っています。

ビタミンCは、水溶性で水に溶けやすいうえ、熱や光に弱く、酸化しやすいため、保存中や調理中に非常に失われやすい成分なので、加熱せずフレッシュな状態で食べるのがベスト。
また、長く保存せず、手早く調理して食べることが効率よく摂取するコツです。

体内のビタミンCは約400mgで飽和状態になるとみられています。
つまり、一度にたくさん摂取しても体内には蓄積されず、体外に排出されてしまいます。
効果を持続させるには、毎食欠かさず補給するのが理想。

そして、ビタミンCは、喫煙やアルコール飲料の摂取によって消費量が増えると言われています。
タバコを吸う人やお酒を飲む人は、より積極的に摂取するよう心がけましょう。
また、ストレスによっても失われやすいと言われているので、ストレスを感じたらビタミンCを意識して補給しましょう。

野菜
ブロッコリー、ピーマン、小松菜、チンゲン菜、ほうれん草、ししとう、春菊、トマト、ゴーヤ、パセリ、シソ、あさつき、、芽キャベツ、葉ネギ、わけぎ、にら

果物
レモン、夏みかん、みかん、グレープフルーツ、ネーブル、オレンジ、はっさく、プリンスメロン、イチゴ、キウイ、柿、アセロラ

「ファイトケミカル」で加齢臭を消す

加齢臭 ファイトケミカル 画像
ファイトケミカルとは、ビタミン、ミネラル以外の微量栄養素のこと。
動物の体内で生成することはできません。

最適な環境に自ら移動できる動物と違って、植物は生息場所を移動することができません。
木や草花は、強い太陽光線や害虫などの外的ストレスに常にさらされています。
植物がそんな過酷な環境で身を守って生き、種を保存することができたのは、防御システムをもっているから。

植物が光合成を行う際、糖分の一部が変化して化学物質を産生し、自分を攻撃する外的環境から身を守っています。
この化学物質が「ファイトケミカル」

ファイトケミカルは、植物の色・香り・苦味などに含まれる成分
約1万種類以上も存在すると言われ、約1500種類ほどが化学的に解明されています。

ファイトケミカルの最大の働きは、抗酸化作用
第7の栄養素とされ、活性酸素を防御し除去する抗酸化力が強いことから、私たちの生命を若々しく維持する力があるとして注目されています。

このファイトケミカルの中で、特にポリフェノール・カロテノイドの抗酸化作用は強力

ポリフェノール

植物に含まれる色素やアク、渋味、苦味の成分で、化学低には複数の水素基をもつ化合物の総称。
数千ともいわれるほど多くの種類があり、抗酸化作用をもちます。
加齢臭 ポリフェノール

イソフラボン
納豆、豆腐、枝豆、豆乳、枝豆などの大豆食品全般

イソフラボンには、女性ホルモンに似た物質が含まれているので、汗をかきにくくする作用もあります。

セサミン
ゴマ

アントシアニン
ブルーベリー、ぶど、赤じそ

カテキン
緑茶、紅茶

カロテノイド

加齢臭 ポリフェノール
動植物に含まれる黄・オレンジ・赤などの色素成分で、構造上、カロテン類とキサントフィル類に大別されます。
抗酸化作用があり、老化やがん予防に効果があります。

リコピン
トマト、すいか、柿

ルテイン
ほうれん草などの緑黄色野菜、とうもろこし、卵黄

アスタキサンチン
サケ、エビ、カニ、タコ

カロテン
ニンジン、春菊、小松菜、かぼちゃ、ほうれん草、マンゴー、あんず、海苔、ワカメ

カプサンチン
赤とうがらし、赤ピーマン

おすすめの記事