更年期の症状といえば「ホットフラッシュ」と言われるほど、多くの女性が悩んでいるのぼせ・ほてり・多汗。
ホットフラッシュはいつまで続くのでしょう?
原因、食べ物や運動での予防・対策、漢方やサプリメントでの治療法・改善法についてご紹介していきます。

ホットフラッシュとは

更年期の症状で多くの女性が悩んでいるのが「ホットフラッシュ」と呼ばれる、のぼせやほてり、多汗です。
昼間でも就寝中の夜中でも時間や季節に関係なく突然起こりますが、ストレスや緊張感が強いと症状がさらに強く出てしまいます。

特に夜中にホットフラッシュが起こると、急にたくさん汗をかくことで熟睡できず、睡眠不足からイライラして、日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。
自分の意識とか無関係に汗が噴き出し、止めようにも止められない点がホットフラッシュの一番の悩みと言えるでしょう。

ホットフラッシュが起こる原因

更年期によると、日によって、あるいは1日に数回、エストロゲンの分泌が急上昇したり急降下したりします。
この急激な変動に影響を受けて自律神経が乱れるために、のぼせやほてり、多汗といった症状が出てくると考えられています。

では、なぜ自律神経が乱れるとホットフラッシュが起こるのでしょうか?

本来、自律神経には血管を拡張させて放熟したり、逆に血管を収縮させて熱が逃げるのを防いで、体温をいつも一定に保とうとする働きがあります。
そのため、自律神経が乱れると血管の拡張と収縮の調節がスムーズにいかなくなります。
一時的に血管が拡張すれば、のぼせやほてり、多汗などが起こり、逆に末端の血管が収縮して血管の循環が悪くなれば、冷えの症状が起こります。

ほてりやのぼせ、多汗は病気が原因で起こることもある

ほてりやのぼせ、多汗が起こり、更年期に入ったからこれは更年期の症状だわ・・・と思っていたら、実は病気が原因で起こっていることもあります。
ほてりやのぼせは高血圧や心臓疾患が原因で、多汗は甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)が原因で起こることがあります。
甲状腺機能亢進症とは、甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。
この病気の初期には、多汗や動悸、頻脈など更年期の症状とよく似た症状が多いので、更年期の症状だと思っていたら病気だったという可能性があります。
既往歴や家族歴などを参考に、定期的に検診をしておくと安心です。

ホットフラッシュと発汗はココが違う!

一般的に多汗症の人の場合は、手や足に汗をかくことが多いのですが、更年期の発汗では、急にカーッと熱くなって、顔や首、胸などの上半身に集中して汗をかくことが特徴です。
これは、おもに上半身の血管をとりまく神経が興奮状態になりやすいためです。

このような更年期による汗は蒸発しにくく、さらに体温調節の働きが鈍くなるので、その結果、いつまでもダラダラとかき続けることになります。
さらに、この汗は濃度が濃く、ベタベタしていて雑菌が繁殖しやすいのが特徴。
さらにアンモニアなどの硫黄物質が多く含まれているので、汗そのものがニオイを発しやすくなります。
全身ではなく、体の一部からどっと汗をかくと、においの強い汗になりやすいのです。

今すぐできる!ホットフラッシュの予防&対策

ホットフラッシュの予防や対策は、今すぐできることばかりです。
悩む前にまずは簡単にできることから始めてみましょう。

汗対策を万全にしよう

更年期の汗は、前触れもなくどこででも出ると思っておいたほうがよいです。
外出する際はいつ汗が出てきても拭けるように、吸湿性のあるタオルやハンカチを何枚か用意しておくと安心です。
準備を万全にしておくことで、それが安心感につながり、汗が出にくくなることがあります。

ほてりやのぼせが起こると本人は慌てますが、周りの人にはほとんど分からないので、ホットフラッシュが突然起こったらどうしようと気にしすぎないことも大事です。
必要以上に慌てたり恥ずかしがると、かえって汗の量が増すので、ゆったり構えるようにしましょう。
緊張したり、心配したりすると大量の汗がでるのは、自律神経のうち”興奮”をつかさどる「交感神経」が優位になっているからです。
汗が噴き出してきたら、ゆっくり複式呼吸をしてリラックスすると、交感神経の働きがやわらぎ、”リラックス”をつかさどる「副交感神経」が優位になり、自然に汗がひいていきます。

冷たく絞ったおしぼりやアイスパックを首元に当てたり、クールミント系のウェットティッシュで首まわりを拭いたりするのも効果的です。
顔に流れる血液がクールダウンされ、顔ののぼせやほてりが軽減します。

また、制汗剤スプレーやデオドラントパウダー、汗とり用シートなどデオドラントケアを持ち歩くと安心です。

ヌーラ 消臭 ヌーラ 消臭

外出時は体温調節のしやすい重ね着をしよう

更年期の汗は濃くて蒸発しにくいので、衣類の脱ぎ着で調節できるよう、外出時は重ね着をしましょう。
肌に直接触れる部分には汗をよく吸収する綿素材、上着には吸湿・発汗作用に優れた絹などを着て、汗が出始めたら1枚脱いで、おさまったらまた重ね着します。
暑くなったら1枚脱ぐだけでも多汗の予防になります。

多汗の症状がある人は、かいた汗で体が冷えないように薄手のカーディガンを持ち歩くと安心です。
また、汗じみが目立たない色や柄の服を選ぶと急な汗にも慌てません。

足元を冷やさないようにしよう

顔のほてりには、熱を冷ます冷却ジェルシートや濡れタオルが効果的です。
外出する際には冷却ジェルシートを持って出かけると安心でしょう。

足元の冷えは全身に影響してきます。
普段から下半身を冷やさないようにして、定期的に運動をして血行をよくしておくと上半身のほてりも薄らいできます。

食べ物や飲み物で対策をしよう

食べ物は、大豆製品の他にビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどがたっぷり摂れる献立にしましょう。
香辛料などの刺激物は避けた方が良いでしょう。

また、カフェインやアルコールもほてりや多汗をまねくので、できるだけ控えるようにしましょう。
飲み物は、気持ちをリラックスさせてくれるハーブティーがおすすめです。
のぼせや多汗を抑える効果がある「セージ」をブレンドしたハーブティーが特におすすめです。

入浴に一工夫加えてみよう

更年期の多汗の症状が盛んなときは「酢風呂」がおすすめです。
醸造酢や黒酢などを入浴直前に湯船に入れます。
最後にシャワーを浴びれば、お酢のニオイは残りません。

有酸素運動をとりいれてみよう

更年期の症状を改善するには運動をしなくちゃ!と、運動ををあまりしてこなかった人や、得意ではない人がジョギングを続けるのは大変なことで、逆にストレスになるかもしれません。
急激な運動は避けて、発汗を促し、手足の血流をよくするウォーキングやストレッチなどの有酸素運動がおすすめです。
ストレッチは、特に手足に血流をよくするメニューをとり入れるようにするといいですよ。

自分で簡単にできる!一時的に汗を止める方法

汗をかくことでニオイが気になる人にとって、汗は大敵!
それならば一時的に汗を止めて、汗をかくというストレスから解放させてあげましょう。

人の体はある部分が圧迫されると、その部分の汗が蒸発しにくくなるため、発汗量が減ります。
しかし、そのとき、体全体の発汗量を一定に保とうという機能も働くため、圧迫された部分の発汗量が減った分、他の部分で多く汗をかくようになります。
つまり、汗をかきたくない部分があれば、他のところで発汗させて、そこの汗を抑えるということが可能になるのです。

頭や顔の汗を抑えたければ、両方のバスト乳首から5cm上のラインを親指で強く圧迫するか、ヒモなどでギュッと縛ります。
または、両手をそれぞれワキにはさんでワキをグッと締めます。
ブラジャーのホックをいつもより一つきつめにしたり、着物の帯をきつめにしたりするのも効果的です。
お化粧くずれや発汗を完全に止めることは無理ですが、刺激した部分から上の発汗が一時的に止まります。

また、下半身の汗を止めたいときは、左右の腰のあたりをギュッとつねることで、一時的に汗を抑えることができます。

ボトックス注射で汗を止める方法

「汗をかいたらどうしよう・・・。ニオウかな・・・。」と、もはや汗をかくことを恐怖にさえ感じ始めたらもう大変!
心配すればするほど余計に汗をかいてしまいます。

そんな方には、ボトックス注射をおすすめします。
ボツリヌス菌を無毒化した製剤で、エクリン汗腺に「汗を出せ」という信号を送るアセチルコリンという物質を一時的にブロックして、汗の分泌を抑える治療です。

ホットフラッシュの治療法

服がびっしょり濡れるほど汗をかいたり、外出先でも家の中でもひっきりなしに汗が噴き出すという状態になると、日常生活の見直しだけでは難しいでしょう。
生活に支障が出るほどの症状があるときは、病院を受診し、治療することをおすすめします。
更年期からくるほてりやのぼせ、多汗が疑われる場合、まずは婦人科を受診しましょう

ホルモン補充療法(HRT)・漢方薬での治療

まず、女性ホルモンが減少しているかどうか、血液検査で血中ホルモン値を調べます。
検査の結果、多汗などの症状が更年期によるものと分かれば、医師と相談しながらホルモン補充療法(HRT)や漢方療法など自分の症状に合った治療を検討していきます。
ホルモン補充療法は、更年期で減少する女性ホルモンを、ホルモン剤を使って補う治療法、
漢方療法は、体質や症状に応じた漢方薬を処方してもらい、治療していく治療法です。
ホルモン補充療法と漢方療法それぞれの特性を生かし、併用することも可能です。

参照HRT ホルモン補充療法&漢方療法

ホットフラッシュに特に効果的なのが、ホルモン補充療法(HRT)で、治療を開始してから2週間ほどで効果が出てきます。

漢方療法でよく効く漢方薬は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)などです。

HRT ホルモン補充療法&漢方療法にチャレンジしたものの、更年期の多汗やニオイの症状が改善されない場合は、精神性発汗の可能性が高くなります。
この場合、自律中枢調整剤の精神安定剤を補うとかなり症状がおさまるようです。
婦人科でも処方してくれますが、薬物療法だけでなく、心理療法なども受けたほうがいい場合は、カウンセラーや精神科など専門医に相談してみることをおすすめします。

更年期サプリメントでの改善

ホルモン補充療法(HRT)や漢方療法はちょっと抵抗があるという方は、更年期サプリメントを飲んでみるという方法もあります。

ホットフラッシュなどの更年期症状は、女性ホルモンの減少によって起こるので、この女性ホルモンを補ってあげることで症状を和らげようというのが更年期サプリメントです。

女性ホルモンを補う手助けをしてくれる有効な成分が、今話題の「エクオール」
ただ、エクオールは日本人女性の3人に1人しか作り出すことができず、自力でエクオールを作り出すことは難しいと考えられています。
そこで、エクオールを作り出せない人でも、直接エクオールを摂取することを可能にしたのがエクオールサプリメント。

参照エクオールの効能を徹底解説!
エクオールが作れる人、作れない人の違いは何?

エクオールサプリメント

エクオールサプリメントを摂取することで、ホットフラッシュだけではなく、その他のよくある更年期症状も和らいできたという声が多数あります。
まずはサプリメントを試してみて、効果が出なかったら病院で本格的に治療を始めるという方も多いようです。

ノムダス エクオール ノムダス エクオール

ホットフラッシュと上手に向き合う

更年期を自覚したきっかけが、突然起こる顔のほてりやのぼせ、大量の汗だったという人が多いように、ホットフラッシュは更年期の象徴的な症状です。
ホットフラッシュが起こるたび、”これはいつまで続くんだろう?”と不安になりますが、心配しすぎるのはかえって更年期の症状を悪化させてしまうことにもなります。

汗が出たら一休みしながら気持ちを落ち着けて汗を拭けばいい。
顔がほてってきたら首まわりに冷たいタオルを当ててみようか。

など、その都度焦らず冷静に対処すればいいのです。

気休めに・・・と、サプリメントを飲んでみたら案外効果があったということもあるかと思います。
ホットフラッシュの症状を予防したり、対策したりしているうちに、こういう時はこうしたらいいんだ!という自分なりの方法が見つかって、それほど気にならなくなるかもしれません。

ホットフラッシュと上手に向き合う方法を楽しみながら見つけていけたらいいですよね!

おすすめの記事