「加齢臭=オヤジ臭」として、加齢臭と言えば「中高年男性が発するニオイ」という風にすっかり定着してしまいましたが、今、男性・女性問わず20・30代と若い年代の方たちが自分も加齢臭のような臭いがすると気にしている人が多いようです。
実は、20・30・40代という年代・男性・女性によって体臭が発生する原因物質が異なり、加齢臭にまで達するには段階があります。
また、加齢臭が発生するのを早めたり遅めたりするのは、食べ物などの生活習慣も大きく関係しています。
まずは加齢臭が発生する原因を知って、少しでも遅めることができるよう予防できることはしっかり予防していきましょう。

加齢臭は何歳から始まる?

まず、加齢臭の臭いっていったいどんな臭いなのでしょうか?

ズバリ、脂のニオイ!です。

人間の体には、皮膚のうるおいを保つための皮脂を分泌する皮脂腺があります。
年齢を重ねると、この皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加し、それと同時に、過酸化脂質という物質も増え始めます。
パルミトオレイン酸が、この過酸化脂質と結びつくことにより、分解・酸化されてできるのが
「ノネナール」という物質で、このノネナールこそが加齢臭の正体!

ノネナールが出す加齢臭に、さらに汗やその人の他の体臭が混ざり合い、強いにおいを発するようになります。
これに加えて、歳を取ると汗や古くなった頭皮、皮膚などの老廃物が加齢によって十分に分解できなくなり、発してくる”腐敗臭”もあります。

このノネナールという物質を世界で初めて突き止めたのが、化粧品メーカーの資生堂。
中高年特有のにおいに着目して研究を重ねた結果、加齢臭の仕組みを解明し、命名したそう。

加齢臭の元であるノネナールの臭いが加齢臭の臭いそのものになるのですが・・・
ノネナールは、青臭い、脂臭い、鼻にツンとくるにおいと言われています。
例えるならば、図書館に置いてある古い本、ロウソク、青臭いチーズなど、古臭いニオイがするというのが特徴です。
自然界では野菜や植物にあり、にんじんを茹でた時のにおいなどとも言われています。

20・30代の男性や女性が、自分も同じような臭いがするので、もしかして加齢臭なのかも?と思ってしまうのは当然ですよね・・・。

しかし!

加齢臭というのは、中高年以降になって初めてあらわれる臭いなのです!
特に40代以上の中高年の方で”古臭いニオイ”がするな・・・と思ったら、加齢臭である可能性が高いです。

では、20・30年代が気にしているという”加齢臭のような臭い”の正体は何なのでしょうか?

それは、脂肪酸の一種である「ペラルゴン酸」という脂っぽいニオイです。
これも脂質が酸化することで独特のニオイがするので、加齢臭かも?と思いがちですが、「ノネナール」とは違う物質なので加齢臭とは別物なのです。

加齢臭が発生するまでには、段階がある。
と言ったら分かりやすいでしょうか。

ニオイが発生するメカニズムは、年齢によって違います。
若い人は新陳代謝が活発なので、汗や皮膚のカスの量が多いのですが、歳をとるごとに汗やカスの量が減り、脂の成分が変化します。
20・30代の若い人の体臭と40年代以降の中高年の体臭の違いは、この脂の成分の変化によるものなのです。

つまり、20・30代の方が気にしている体臭は「加齢臭」ではありません

アジカグランテック アジカグランテック

20・30代女性の体臭が男性の体臭と違う理由

女性の体臭は、男性とはちょっと違った特性があります。

体臭の原因は酸化にあると先述しましたが、女性ホルモンのエストロゲンには抗酸化作用がある為、皮脂が酸化するのを防いでくれます。
女性が男性ほど体臭がきつくならないのは女性ホルモンのおかげなのです。
しかし、逆に言うと、女性ホルモンの分泌が低下すれば、ニオイが強くなる可能性はあります。

では、何をすれば女性ホルモンの分泌が低下してしまうのか?
それは、やはり「酸化」が原因です。

20・30代女性が気にしているという体臭は、加齢臭ではなく、「酸化臭」と言えるでしょう。

まとめ
体臭の元となる物質
20・30代→ペラルゴン酸
40代以降→ノネナール

体臭の原因
酸化

体臭の原因は同じだが、体臭の元となる物質が違うので、全ての体臭が「加齢臭」ではない。

40代以降の更年期の女性が気になる体臭

20・30代女性が気にしている体臭と40代以降の女性が気にしていている体臭には”違い”があります。
40代以降の女性は、まさに「加齢臭」の可能性が高いです。

先ほど、”女性ホルモンの分泌が低下すれば、ニオイが強くなる可能性はあります。”と記述しましたが、40代以降の女性は更年期に突入することで、女性ホルモンの分泌が低下します。

更年期とは、女性が閉経を迎える前後10年間のことで、だいたい40代半ばごろから50代半ばごろまでをいいます。
更年期になると女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスも崩れてきます。
更年期にあらわれるいろいろ不快な症状は、ホルモンのバランスが不安定になり、崩れ、自律神経の調節がうまくいかなくなることが大きく関係しています。
自立神経は血液循環や体温調節など自分の意志とは関係なく体の機能を調節する働きを持っており、その働きのひとつである発汗作用も自律神経のバランスが崩れてくるとおかしくなってしまいます。
そもそも発汗機能は、男性ホルモンによって活発になる一方で、女性ホルモンで発汗を抑えることで調整されています。
その調節がうまくいかなくなり、体を動かしていないのに汗が出てきたり、昼間だけでなく寝汗もかくようになるなど、時間や場所に関係なく汗が多くなってきます。

よく知られている更年期症状のひとつに、急にカーッと熱くなって、首から上にどっと汗をかく「ホットフラッシュ」があります。
ホットフラッシュとは、ほてりやのぼせのことで、顔を中心に上半身に集中して汗をかきます。
これも女性ホルモンの低下で汗腺機能の調節がうまくいかなくなることや、自律神経の乱れによって起こります。

大量に汗をかいたり、急に汗が噴き出してくると、いつまたどこで汗が出てくるんだろう・・・と心配になり、今度は精神性の発汗も起こります。
心の中に滞在的に不安をもってしまうと、無意識のうちに頭の中は一種の緊張状態になり、余計に緊張性の発汗を起こすという悪循環になってしまいます。
このようにして、本来は一時的な現象である更年期の多汗を長引かせてしまうこともあります。

一般的に多汗症の人の場合は、手や足に汗をかくことが多いのですが、更年期の発汗では、顔や首、胸などにもびっしょりと汗をかきます。
このような汗は蒸発しにくく、さらに体温調節の働きが鈍くなるので、その結果、いつまでもダラダラとかき続けることになります。
さらに、この汗は濃度が濃く、ベタベタしていて雑菌が繁殖しやすいのが特徴。
さらにアンモニアなどの硫黄物質が多く含まれているので、汗そのものがニオイを発しやすくなります。
全身ではなく、体の一部からどっと汗をかくと、においの強い汗になりやすいのです。
日頃から軽い運動をしたり、半身浴などで汗をかくなど、更年期の汗対策には汗腺をコントロールすることが予防に繋がります。

また、皮脂腺は、男性ホルモンが分泌を刺激し、女性ホルモンが分泌を抑えることでコントロールされていますが、更年期以降、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが優位になって皮脂分泌が盛んになり、皮脂腺の中にパルミトオレイン酸という皮脂が増えてきます。
これが活性酸素によって酸化され、いろいろなニオイの脂肪酸に次々と分解されていきます。
その中のひとつが「ノネナール」。
そう、40代以降の男性が気にする加齢臭と同じ物質なのです。

女性ホルモンには、活性酸素を抑え、酸化を抑える作用があるので、更年期になり女性ホルモンが減少すると、皮脂が増えるだけでなく、酸化による皮脂の分解も一段と加速することになります。
この皮脂を酸化させる原因となる活性酸素は、高コレステロールの食べ物を多くとり、タバコを吸い、多量に酒を飲む、いわゆる不摂生によって大量につくられます。
皮脂が増えて、溜まり、酸化するとニオイが発生します。

このように、女性ホルモンのバランスが崩れると体臭も変わってしまうのです。
年齢とともに女性ホルモンが減少するのは仕方がないこと。
だからといって、即ニオウようになるわけではありません。
活性酸素を発生させないような生活を送ることで、嫌な加齢臭を予防することができます。
年齢よりも、むしろ生活習慣病に心当たりがある人ほど、加齢臭は強くなると思って下さい。
生活習慣病の予防は、加齢臭の予防にもなるというわけです。

薬用ネオテクト 薬用ネオテクト

自分のにおいは加齢臭?セルフチェックしてみよう!

加齢臭がする・・・と、自分で気付く人もいれば、家族から指摘されたという人もいます。
人間の鼻には同じニオイを長く嗅ぐと麻痺するという習性があるので、自分のニオイは意外と分からないもの。
家族から指摘される前に、まずは、自分のニオイをセルフチェックしてみましょう。

加齢臭危険度チェック

40歳以上である
脂っこい料理が好きだ
毎日のようにお酒を飲む
ストレスを溜めやすい
身だしなみには気を使わない
べたべたした汗をかく
よく眠れない

上記の項目で、当てはまるものを選んで下さい。
多く当てはまるほど加齢臭への危険度が高まります。

危険度が高い!あなたはニオイ度もチェックしてみましょう。

加齢臭ニオイ度チェック

枕、シーツなどの寝具のニオイを嗅いでみる
起きた直後ではなく、しばらくしてから枕やシーツのニオイを嗅いでチェックしてみて下さい。

脱いだ服のニオイを嗅いでみる
1日着ていた服は、ニオイが確実に移っているので、洗濯する前にニオイを確認してみて下さい。

タニタ においチェッカー ES100

2018年7月1日にタニタから体臭や加齢臭など体のにおいをセルフチェックできるにおいチェッカー「ES-100」が発売されました。
使い方はとっても簡単で、首まわり、頭部、脇などの気になる場所にセンサーを近づけて、においの強さをレベル0~10の11段階で測定されるのを待つだけ!
測定は約10秒間で終了し、11段階のうち、においの強さがレベル5を超えると、「においケア」が必要なデオドラントサインとなります。
体臭は前日に食べたものや生活の流れで、その日によって違うこともあるので、気軽に自分のニオイをチェックできるのは嬉しいですよね。

あなたはいくつ当てはまる?加齢臭が増加する原因

加齢臭の原因物質である「ノネナール」は、個人差はありますが、40歳前後から分泌されるようになります。
この個人差というのは、老化現象の始まりの差。
同じ年齢でも若く見られる人と老けて見える人がいるのは、遺伝的な要素も関係していますが、体の酸化状態にも原因があります。
体が酸化していない人は若く見えるし、体が酸化している人は老けて見られがち。

実は、この「酸化」を早めたり遅めたりするのは、普段の生活習慣次第!

酸化は、私たちの生活習慣と深い深い関わりがあるのです。
男性も女性も40代に入ってこれまでの体臭と変わってきたなと感じるようになったら、加齢臭である可能性が高く、それに適した対策をとっていくことが必要です。

ストレスはもちろん、夜更かしや昼夜逆転の生活、不規則な生活、偏食、運動不足は酸化の原因になり、老化しやすい体を自ら作っているようなもの。
老化現象が進みやすくなっている人からは、ノネナールが分泌されるのも早まるという傾向にあるようです。

つまり、これらの生活習慣を管理することが、加齢臭防止にもつながるというワケなのです。

では、いったいどんなことに気をつけて生活すれば良いのでしょうか?
その前に、少し「活性酸素」についてお話します。

活性酸素とは、モノを酸化させてしまう物質のことで、老化や生活習慣病、がんなどの病気を促進する要素と言われています。

人間の体は60億個もの細胞でできています。
この細胞が毎日私たちの生活が正常に営まれるように働くことで、人間や生物は生きています。
しかし、細胞が生活する中で、紫外線やオゾン・タバコの害などが影響で発生する「活性酸素」の攻撃が押し寄せてきて、私たちの体は酸化してしまうのです。

酸化は人間の体に害をもたらす・・・ということは頭では分かっていても、普段の生活では意識していないことがほとんどではないでしょうか?
では、どんな生活習慣が活性酸素を増やすのでしょうか?

アルコール&たばこ

加齢臭 アルコール

体内で酸化を促進してしまうのが、過度の飲酒と喫煙。
アルコールはかなりの活性酸素を発生させます。
ある程度は肝臓で解毒されるのですが、飲み過ぎると処理が間に合わず、活性酸素が体内で増加してしまいます。

喫煙も活性酸素の塊で、細胞を傷付け、特に肌の老化を促進します。
また、女性ホルモンのエストロゲンを低下させるというデータもあり、喫煙は酸化を促す悪い生活習慣の一つでもあります。

お菓子&ジャンクフード

ポテトチップス 加齢臭 画像

コンビニのお菓子やパン、ファストフードやスナック菓子などのジャンクフードも活性酸素を誘発してしまいます。
飲酒・喫煙をしていなくても、毎日のようにジャンクフードを食べていれば、体はかなり酸化していると言えるでしょう。

今から簡単にできることは「作ってから時間がたった揚げ物は極力避ける」こと。
工場などで作られて、かなり時間がたっているようなコロッケや唐揚げ、フライドポテトなどは食べないようにしましょう。
油で揚げたものは特に酸化が激しく、活性酸素の根源になってしまいます。

また、夕方以降になってスーパーで割引きになったお惣菜も酸化という観点からはオススメできません。

できるだけ作りたてのものを食べること、新鮮なうちに食べること。
これが体の酸化を防ぐための工夫です。

加齢臭 原因 肉 画像

加齢臭のもとは皮脂なので、皮脂を出さないような食生活を心がけることが何よりも重要。
ノネナールは、加齢とともに増える「パルミトオレイン酸」と「過酸化脂質」が結び付くことによって発生します。

このパルミトオレイン酸の原料となるのが、肉類・マヨネーズ・バターなどの脂肪。
これらは、脂肪酸の分泌を高め、加齢臭増加の原因になるので、できるだけ避けたい食品です。
牛乳や生クリームにも乳脂肪分が多く含まれているので、スイーツ好きな人も要注意です。

動物性の脂肪を多く摂取すると、皮脂腺が刺激されて働きが活発になります。
皮脂の分泌が増え、酸化するとニオイの元になります。
また、動物性のたんぱく質は消化するのに時間がかかり、腸内に長くとどまりやすい性質があります。
これが分解されてアンモニアになり、血液に運ばれて汗に出ると、ツンとするようなアンモニア臭が強くなるので、汗そのもののニオイがきつくなります。

また、動物性の脂肪はできるだけ減らし、ラードやバター、ステーキの脂身、豚の脂身など常温で固形になる油脂類も避けましょう。
脂肪分の摂取を控え、脂肪を体内でも体外でも酸化させないようにしなくてはいけません。

でも、加齢臭の発生を抑えるためにお肉を食べない・・・という選択はなかなか難しいですよね。
それに赤身のお肉には体に必要なビタミンB群や鉄が豊富です。
要はバランスが大事なのです。
お肉を食べるなら、野菜、魚、卵、大豆製品なども一緒に食べることを意識してみて下さい。
抗酸化作用があるターメリックやわさび、ショウガなどの香辛料やスパイスをお肉と一緒に摂るようにすると、それらの酸化を防ぐ働きがあります。

たんぱく質はお肉より魚から摂る方が理想的です。

ニオイの強い食べ物

加齢臭 原因 にんにく 画像

ニンニクやネギなどニオイの強い食べ物を食べた時の直後や翌日に口臭や体臭が気になる人は多いと思います。
事実、ニオイの強い食べ物を食べると体臭が一時的にきつくなります。

胃に入り、唾液や胃液などの消化液で分解された成分は、血液に乗って全身を巡ります。
汗は血液からできているので、ニオイ成分は汗にも混じって排出されます。
また、ニオイ成分は肺でガス交換されるとき、呼気に混じって出てくるので、口臭も気になります。
さらに、腸内で消化吸収された後、尿や便にも混じるため、独特のニオイも発します。

ストレス

加齢臭 原因 画像

男性ホルモンの中でも活性度の高い「ジヒドロテストステロン(DHT)」は皮脂を過剰に分泌させるのですが、DHTはストレスで活性化します。
ベタベタした皮脂が増えて、雑菌に分解されるとニオイもきつくなります。
男性ホルモンだから女性は関係ない!ではありません。
もともと皮脂が多くオイリーな人、化粧崩れしやすい人、思春期以降もニキビができやすい人など、もともと男性ホルモンの活性が高い女性もいるのです。
このような女性はストレスをため込んでしまうことで、DHTが活性化し、過剰に出た皮脂が酸化することによってニオイがきつくなる可能性があります。

また、ストレスを感じていると、体の中の活性酸素が増加します。
ノネナールは、脂肪酸の一種であるパルミトオレイン酸が過酸化脂質と結びつくことで作られますが、この過酸化脂質が増えるのは、活性酸素が体内に大量発生したとき。
そのため、ストレスをためればためるほど活性酸素が増え、結果的に過酸化脂質も増加するというワケなのです。
加齢臭の強弱は、活性酸素の量の差、つまり、ストレスの強さが大きく影響してきます。

まとめ

加齢臭が発生するのは年齢だけのせいではないんだ!ということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

毎日食べる食べ物や日頃の生活習慣によって加齢臭が発生するのを遅らせることが可能なのであれば、できるだけ遅らせたいですもんね。
日々の”ちょっとした心がけ”を意識して行っていくのが、続けていくポイントです。

「お肉食べたいな。じゃあ、今日はいつもより野菜を多めに食べよう!」

みたいに、ちょっとのことを毎日意識するだけで、1か月後には大きな”貯金”ができています。
楽しみながら”貯金”ができますように!

あなたはニオイ”対策”をしていますか?

もしも、仲のいい友達、会社の同僚が「なんだか臭い・・・。ニオウ」と感じた時、あなたならどうしますか?
「臭いけどどうした?」・・・なんて、言えない人の方が多いのではないでしょうか。

臭かったらいくらなんでも自分で気付くんじゃないの?と思うかもしれませんが、自分のニオイは自分で慣れてしまっているので、なかなか気づきません。
でも、周りにいる人は指摘すらしてくれません。

PRプロフェッショナル用に開発された体臭・汗臭・ワキガ・ワキ汗用のデオドラントクリームとは?

その結果、どういう風に思われるかというと、

「臭いからあまり一緒にいたくない」
「周囲への気遣いや配慮が足りない」
「信頼度が低く尊敬できない」

ニオイのケアをしていないだけで、そんな風に評価されてしまうそう・・・。
手遅れになる前に今日から”ニオイのケア”をしてみませんか?

おすすめの記事