最近よく頭痛が起こる・・・と、ただの頭痛だと思っていたら、更年期が原因による「頭痛」だったということが少なくありません。
そう、更年期症状のひとつとして多くの女性が悩んでいるのが「頭痛」なのです。
ひどい時には、吐き気を伴ったり、吐いたりすることもあります。
更年期だからある程度はしょうがないと放っておきがちな頭痛ですが、実は大きな病気が原因による頭痛だということも考えられます。
更年期による頭痛なのか?もしくは、大きな病気が潜んでいるのか?
頭痛がひどくなってきたら迷わず病院を受診して、鎮痛薬や漢方薬を処方してもらうのがオススメです。

更年期に多いのは「片頭痛」

時々ですが、頭の左右どちらかに割れるような痛みが走り、あまりの激痛にうずくまってしまうこともあります。
しばらくすると治まりますが、いつまたくるのかと考えると日々憂うつです。

毎日こめかみのあたりがズキズキと痛くなって、市販の頭痛薬を飲んでいます。
頭痛薬を毎日のように服用していることに不安になり、病院を受診しようかと迷っています。

急に頭が締めつけられるように痛くなることがあります。
いつも頭が重い感じがします。

ひとくちに頭痛といっても、人によって症状はさまざまです。
1日のうちに何度も起こったり、時々起こったり、毎日起こったり、頻度もさまざまですが、更年期による頭痛は繰り返し起こることが多いようです。

更年期による頭痛の原因は、エストロゲンの分泌の変動による自律神経の乱れ、老眼が始まったことによる眼精疲労、ストレス、肩こり、首筋のこりなどが挙げられます。
また、「若い頃から頭痛持ちだった」「月経時によく頭痛があった」という女性は、その症状が更年期特有の心身の不安定によって強まっていることも考えられます。

一般的に頭痛は2種類あります。
ひとつは、脳梗塞や脳腫瘍など脳の病気から起こるもの、
もうひとつは、片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛など大きな原因がなく慢性的に起こるものです。
更年期に多いのは、後者の頭痛です。

片頭痛が起こる原因&対処法

片頭痛は月経、寝過ぎ、寝不足、肩こり、空腹、低血圧、まぶしさ、人ごみなどが引き金となります。
更年期には女性ホルモンの分泌が低下して不安定になり、片頭痛が起こりやすくなったり、
ほてり、のぼせ、不眠、イライラ、肩こりなどさまざまな不調のストレスによって片頭痛が誘発されることもあります。

片頭痛は、頭の片側に起こることが多いのですが、両側が痛む場合もあります。
ズキンズキンと脈打つような頭痛を繰り返すもので、月に1~2回発作的に起こるのが特徴です。
家事や仕事ができないほどのつらい痛みで、動くと痛みが増します。
頭痛が起こると光や音がわずらわしくなり、吐き気を伴ったり、吐いたりすることがあります。
痛みは数時間~3日くらい続くこともあります。

片頭痛には「トリプタン」という片頭痛の発作が起きた時に使用する治療薬があります。
片頭痛の原因となる血管の拡張と炎症を鎮める薬ですが、市販はされていないので医師の処方箋が必要です。
痛みがあまりにひどいようなら神経内科、脳神経外科で頭痛に詳しい医師がいる医療機関で受診しましょう。

頭痛が起きたら早めに鎮痛薬やトリプタンを服用し、静かな暗い場所で休むようにしましょう。
また頭痛は起こる日数が多い場合は、医療機関で片頭痛そのものを減らすような予防策を処方してもらい、一定期間毎日飲みましょう。

市販の頭痛薬を飲み続けても大丈夫?

頭痛が起こると何もやる気がなくなったり、イライラしたり、思考能力がなくなったりするので、とりあえず市販の頭痛薬を飲んで痛みをおさめようとする方が多いと思います。
頭痛がつらい時は我慢せずに市販の頭痛薬を服用してもいいのですが、市販の頭痛薬を飲み続けるのは危険なことが2つあります。

1つめは、病院では片頭痛や緊張型頭痛か、群発頭痛かによって違う種類の薬が処方されます。
自分でどちらの頭痛かということが判断できない場合、市販頭痛薬のどの種類のものが自分に合うかどうか判断するのが難しいということ。

2つめは、頭痛薬の飲みすぎでかえって頭痛がひどくなることがあるということ。
ひどい頭痛を経験するとその痛みへの不安から予防的に頭痛薬を飲むようになり、薬の服用回数や量が増えてきて痛みに敏感になり、結果的に頭痛の回数が増えていくという、まさに悪循環が起こります。
あまりに薬に頼りすぎていると頭痛が複雑化してきて、薬が効きにくくなってきます。
1か月に10回以上頭痛薬を服用している人は要注意!

頭痛薬を1か月に10回以上服用し、毎日のように頭痛が起こる、痛みのピークがいつなのか分からないような頭痛、ダラダラと長く続くような頭痛に心当たりがある人は、頭痛外来を受診しましょう。
思わぬ薬が頭痛の原因になっていることもあるので、服用している薬は全て医師に伝えます。

原因薬剤の中止後1~2週間はその反動で激しい頭痛や吐き気、嘔吐が起こることがあります。
頭痛の頻度を減らし、症状を軽減するために、医師から予防薬を処方されることがあります。
予防薬は効果が出るまでに時間がかかるので、2か月くらいは毎日飲み、もともとの片頭痛に戻ったら、医師と相談しながらそれに対応した薬を服用するようにしましょう。

ついつい市販の頭痛薬に頼りがちになってしまいますが、薬を飲みすぎないようにすることが大事です。

頭痛は何科を受診すればいいの?

頭痛の原因が、高血圧やくも膜下出血、脳腫瘍、脳血管など脳神経系の病気である場合も考えられるので、頭痛が起こる日数が増えてなかなかおさまらないようであれば、神経内科または脳神経外科を受診しましょう。
脳腫瘍が見つかると、手術、化学療法、放射線療法へと治療が進みます。

脳に異常がなかった場合、内科、婦人科、歯科、眼科を受診しましょう。

内科

頭痛は高血圧が原因の場合もあります。
その場合、鎮痛剤や降圧剤を服用します。

内科・婦人科

緊張型頭痛には、鎮痛薬と併用して漢方の葛根湯(かっこんとう)が効果的です。
即効性があるので、つらくなってから服用してもよいです。

片頭痛には、先述したトリプタンや漢方の呉茱萸湯(ごしゅゆとう)が効果的です。
高血圧傾向の頭痛には鎮痛薬と漢方の釣藤散(ちょうとうさん)が効果的です。

歯科

歯の噛み合わせ不良が原因での頭痛も考えられます。
その場合、矯正器を使って噛み合わせの矯正を行います。

眼科

老眼が始まり、眼精疲労による頭痛も考えられます。
緑内障などの病気の有無や視力を検査し、眼鏡やコンタクトが合っているかどうかを診ます。
度のあった眼鏡やコンタクトに替えたら頭痛が治まったということも多いようです。

ビタミン剤入りの点眼薬、筋弛緩剤などが処方されることもあるでしょう。

頭痛を防ぐセルフケア

頭痛を起こす要因を避ける

カフェイン・アルコールの摂取、冷たいものの飲食、空腹、寝すぎ・寝不足、肩こり・首こり、気温や気圧の変化などは、頭痛の原因になることがあります。
頭痛が起こりやすいなと思ったら、避けられるものはできるだけ避けるようにしましょう。

筋肉のこりをほぐす

頭を支えている首から肩の筋肉は疲労がたまり、硬くなりがち。
首まわりや肩まわりがこると頭痛が起きやすくなるので、ストレッチやマッサージなど筋肉のこりをほぐすことが有効です。
運動不足を解消しながら、こりもほぐせるウォーキングも効果的です。

同じ姿勢を続けない

デスクワークで長時間同じ姿勢のままでいると、首や肩などの筋肉が疲労して、頭痛の原因になります。
時々姿勢を変えたり、こまめに休憩を入れたりしましょう。

身体を冷やさない

身体を冷やさないことも大事です。
冷房による冷えによって筋肉がこわばることも頭痛の原因になります。
温かい食べ物をとり、入浴はシャワーですませずにバスタブにゆっくりつかって、身体を内側から温めるようにしましょう。
ただし、片頭痛は血行が変化すると痛みがひどくなる場合があるので、症状が出ているときは控えましょう。

更年期特有の「ゆらぎ」を抱える方々へ

更年期特有のほてり、イライラ、肌のかさつきには【エクオール+ラクトビオン酸】サプリ!
「エクオール」はエストロゲン様作用、抗エストロゲン作用と抗酸化作用の効果があり、特に更年期女性の不調を和らげることも期待できます。
でも・・・実は・・・日本人女性の2人に1人が体内でエクオールを産生できない体質なのをご存知ですか?

このエクオールサプリは、体質に関わらず直接エクオールそのものを摂取することができるので、エクオールが産生できない体質でも大丈夫!
減少していく女性ホルモンをカバーすることができます。

そして、【エクオール+ラクトビオン酸】サプリは、ただのエクオールサプリメントではありません!
ラクトビオン酸を配合することでエクオールの生産力とカルシウムの吸収を高めることができます。
エクオールの産生を促進する効果があると言われている「ラクトビオン酸」は、種菌から育てた家庭用のカスピ海ヨーグルトにしか含まれておらず、市販品には含まれていないので、とっても貴重なのです。

エクオールサプリに悩んだら・・・
ラクトビオン酸配合のエクオールサプリをオススメします!!
女性としての自信をもう一度取り戻してみませんか?

おすすめの記事