ある日突然起こった「尿もれ・尿失禁」にびっくりしたことはありませんか?
女性は、40~50代になると3人に1人は尿もれや尿失禁に悩んでいると言われており、また、20代・30代と若い世代でも悩んでいる方がいます。
特に40~50代の更年期の女性にたびたび起こるようであれば、それは更年期症状のひとつかもしれません。
なぜ起こるのかという原因や、薬での治療法、そして尿もれを解消する簡単にできる体操をご紹介します。

頻尿・尿もれ・尿失禁の原因となる病気

特に女性は閉経によって知覚過敏が起こると尿意にとても敏感になるので、頻尿や尿もれは誰にでも起こる症状です。
20代・30代と若くても出産後などに尿もれを起こしたことがあるのではないでしょうか?

また、妊娠・出産回数が多いほど骨盤底筋群がゆるみやすいと言われています。
骨盤底筋群とは、膀胱、子宮、腸が乗っている部位のことで、この筋肉が弱くなることで起こります。

頻尿の場合

頻尿の目安は、日中に8回以上、夜間に2回以上の排尿。

間質性膀胱炎
膀胱の粘膜が弱く、粘膜の下に尿中の異物が入ることで痛みを感じます。
体質的に粘膜が弱い人で、加齢とともに表面化することが多いです。

骨盤臓器脱
骨盤底がゆるみ、子宮や膀胱などの臓器が下垂してくる病気。
50代くらいから現れることが多く、膀胱や尿道が変形するため過活動膀胱を合併することもあります。

尿もれ・尿失禁の場合

尿もれ・尿失禁とは、自分の意思に反して勝手に尿がもれることをいいます。
1週間に1回以上の尿もれ・尿失禁があると生活の質が落ちると言われています。

特に尿もれは、最初は1か月に1回未満だった症状が、1か月に1回以上、1週間に1回、1週間に2~3回、やがて毎日と重症度が上がっていくことが多いとされています。
週に2~3回もれてしまい、その量が下着を替えなければいけないほどになったら、薬や手術などで対処した方がよいでしょう。

過活動膀胱
骨盤底を司る筋肉や靭帯、神経の働きが低下して、その上に乗っている膀胱が異常な収縮を起こす病気。
急に排尿したくなる尿意切迫感があることが特徴で、ほとんどの人は頻尿になり、そのうち半分くらいの人には尿もれも起こります。
脳や脊髄の機能低下による神経性ものと、骨盤底がゆるむ非神経性のものがあります。
50歳以上の女性では、8人に1人いると言われています。

腹圧性尿失禁
更年期の女性のほとんどがこのタイプで、骨盤内にある膀胱や子宮などを支える筋肉(骨盤底筋群)が弱くなることが原因で起こります。
この筋肉は加齢とともに弱くなりますが、更年期になると肥満や閉経などによる女性ホルモンの分泌が低下することによってさらに弱くなります。
笑ったり、咳やくしゃみをしたり、重い荷物を持ち上げるなどしてお腹に力が入ったときに尿がもれます。

切迫性尿失禁
尿意を感じてトイレに行くものの、我慢できずに途中で尿がもれてしまいます。
加齢だけでなく、脳出血や脳梗塞の後遺症などで起こることもありますが、原因不明のこともあります。

エクオール+ラクトビオン酸 エクオール+ラクトビオン酸

自分でできるセルフケア

頻尿や尿もれ、尿失禁によって外出したくなくなったり、うつの症状に陥ったり、生活に支障が出て困れば病気、そうでなければ病気ではないと言えます。
日常生活に支障がある場合は、膀胱の腫瘍、脳や脊髄の病気からきている場合もあるので、すぐに泌尿器科を受診しましょう。
気になってはいるけれど、病院で受診するほどでもないといった場合は、まずは自分でできるセルフケアを行ってみましょう。
どのタイプの尿もれも特に骨盤底筋トレーニングで改善する可能性は高いです。
それでも良くならなければ、一度医師に相談することを検討しましょう。

対処の基本は「骨盤底筋トレーニング」

頻尿も尿もれも原因となる病気はそれぞれ違いますが、根本には骨盤の底を支える骨盤底筋が弱っていることにあります。

洋式トイレがなく和式トイレしかなかった昔には、尿もれはほとんどなかったとされています。
それは、和式トイレが1日に何度もスクワットをすることと同じような効果があったため。
洋式トイレでは足腰を使わなくなったので、自然に骨盤底筋が鍛えられることがなくなり、尿もれは現代人の病であるといっても過言ではありません。
加齢によって全身の筋肉が落ちていく中で、骨盤底筋というのは意識しない限り動かさない筋肉なので、老化しやすい筋肉でもあります。

それを補うのが「骨盤底筋トレーニング」で、膀胱周囲の筋肉を強くすることが改善への近道です。
骨盤底筋トレーニングとは、尿道や肛門、膣周囲の筋肉をゆるめたり締めたりする運動で、尿もれだけでなく、軽い尿失禁ならこのトレーニングで改善できるでしょう。
ちなみに、更年期前後の女性だけでなく、出産直後の20~30代、40代の女性にも有効なトレーニングです。
また、スクワットを骨盤底筋トレーニングと並行して取り入れるのも有効です。

3か月ほど続けてみても効果や改善が感じられなければ、病院の泌尿器科で磁気や電気による刺激療法や投薬、手術という選択肢もあります。

骨盤底筋トレーニングのやり方

骨盤底筋トレーニング 画像

1、あお向けになり膝を立て、肩幅に足を開く。
全身の力を抜き、肛門と膣を10秒間締める。
途中で力が抜けたらまた締め直す。
じわじわと引き上げる感じにするのがコツ。

お腹や足、腰に力が入らないように注意しましょう。

2、肛門と膣の力を抜いて数10秒間リラックスする。

3、(1)と(2)を10回繰り返す。

慣れてきたら椅子に座りながらでも行えます。
椅子に座って背筋を伸ばし、両足は方幅に開いて行います。

水分の摂りすぎに注意する

日常生活で気をつけたいのが、水分補給。
暑いからといってガブガブ水分を摂ったり、頻尿や尿もれを気にして飲まなさすぎも実はよくありません。
多過ぎず、少な過ぎず、適量の水分を摂ることがポイントです。

1日の目安としては、夏場で1.5~2リットル、冬場で1~1.5リットル

また、膀胱を直接刺激するようなカフェイン、アルコール、炭酸飲料、辛いものや酸っぱいものなども控えることも重要です。

下着などの替えを持ち歩く

面倒だとは思いますが・・・不意の尿もれに備えて、外出時は下着などの替えを持っていると安心するので、気持ちが全然違ってきます。

下着はちょっという人は、ナプキンや尿もれや失禁用のパッドでもOKです。
ただし、皮膚が薄くなっている更年期以降は、こすれて皮膚に細かい傷がついたり、かぶれや湿疹を起こすこともあるので、なるべく肌にやさしいタイプのものを選ぶようにしましょう。

そして、気をつけたいのが家での使用です。
尿もれが心配だからといって、いつも家でナプキンやパッドを使用するのは禁物!
油断しているうちに、骨盤底筋がどんどんゆるんでいく原因にもなります。
家にいるときはなるべく着けず、外出時だけ着けるという頼りすぎない工夫をすることが大切です。
どうしても不安な場合は、昼間は着けずに夜間だけ着けるようにしましょう。

膀胱訓練

感染症でなければ、膀胱訓練は尿意切迫感、過活動膀胱に効果的なトレーニング方法です。

1、尿意を感じてから初めはトイレを5分間我慢する。

2、1週間我慢できたら次は10分間我慢する。

3、徐々に時間を延ばしていき、2~3時間我慢できるようになったら訓練成功です!

小林製薬 エクオール 小林製薬 エクオール

何科へ行けばいいの?

泌尿器科、婦人科で受診します。

泌尿器科では、膀胱腫瘍などの疾患についても診てもらえ、膀胱炎など感染症があれば、抗生剤の治療をします。
なければ、骨盤底筋トレーニングの指導の他、尿意を調節する抗コリン薬、膀胱平滑筋弛緩薬などの処方がされます。
また、HRT(ホルモン補充療法)や漢方も有効です。
漢方では猪苓湯(ちょれいとう)、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などが処方されます。

症状が重く、治療効果が得られないときは手術が行われることもあります。
TVT手術と呼ばれるもので、特殊なテープを使って尿道を後面から支える手術です。
おなかに力が入ったときに尿道を閉じる効果があります。

【その原因、Xにあり!】尿もれの原因&尿もれを解消する「土踏まずティッシュ」のやり方
2017.1.19
2017年1月17日のその原因、Xにあり!は、「尿もれ」の悩みを解決。 尿もれの原因は「ペタンコ足」にあるということで、ペタンコ足にティッ...…
更年期特有の「ゆらぎ」を抱える方々へ


更年期特有のほてり、イライラ、肌のかさつきには【エクオール+ラクトビオン酸】サプリ!
「エクオール」はエストロゲン様作用、抗エストロゲン作用と抗酸化作用の効果があり、特に更年期女性の不調を和らげることも期待できます。
でも・・・実は・・・日本人女性の2人に1人が体内でエクオールを産生できない体質なのをご存知ですか?

このエクオールサプリは、体質に関わらず直接エクオールそのものを摂取することができるので、エクオールが産生できない体質でも大丈夫!
減少していく女性ホルモンをカバーすることができます。

そして、【エクオール+ラクトビオン酸】サプリは、ただのエクオールサプリメントではありません!
ラクトビオン酸を配合することでエクオールの生産力とカルシウムの吸収を高めることができます。
エクオールの産生を促進する効果があると言われている「ラクトビオン酸」は、種菌から育てた家庭用のカスピ海ヨーグルトにしか含まれておらず、市販品には含まれていないので、とっても貴重なのです。

エクオールサプリに悩んだら・・・
ラクトビオン酸配合のエクオールサプリをオススメします!!
女性としての自信をもう一度取り戻してみませんか?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。