更年期の意外な症状のひとつに、知覚の異常があります。
手足がしびれたり、皮膚の表面が強い日差しを浴びたときのようにピリピリしたり、アリでもはっているような不快な感じ(蟻走感)におそわれたりすると、違和感いっぱいで不思議に思うかもしれませんが、このような症状は更年期症状のひとつとして考えられます。
また、他の病気が原因である可能性もあるので、自分でできるセルフケアとともにご紹介します。

手足の痛みやしびれがなぜ更年期症状なの?

人によってはしびれというよりは、手足の感覚が今までとなんとなく違う、鈍くなったような気がする、といった違和感として現れることもあるようです。

女性ホルモンのエストロゲンには、皮膚のハリを保つ働きがあります。
更年期になってエストロゲンが減少すると、老化が進んで皮膚が薄くなり、皮脂も水分も減って皮膚が乾燥しやすくなります。
皮膚が薄く、皮脂も少なくなると、皮膚の弾力がなくなるだけでなく、刺激も受けやすくなるので、ほんのささいな刺激にも反応し、しびれのように感じたりすることがあります。
自律神経の乱れも、こうした感覚の異常に関係していると考えられています。

こんな病気が原因のことも・・・

頸椎や腰椎の変形からしびれや麻痺が起こったり、関節リウマチなどのために手足、特に指先のこわばりや感覚異常を起こしていたり、手根管症候群などの病気からくることがあります。
その場合、整形外科で診断、治療を進めます。

また、むくみによるしびれ、へバーデン結節という手指の使い過ぎによる関節炎で痛い場合もあり、マッサージ、鍼灸、整体などを併用しながら整形外科、婦人科で漢方や鎮痛薬の処方を行います。

また、脳の病気が原因で手足のしびれが起こることもあります。
症状が強くなったり長引くようであれば、受診してこれらの病気が隠れていないか確かめておきましょう。

特別な病気ではなかった場合、体重増加による足関節痛、血行不良によるしびれなどが考えられます。
食事・運動のセルフケアや、洗面器2つに湯と水を入れ、交互に手足をつけるなどで対処しましょう。

小林製薬 エクオール 小林製薬 エクオール

自分でできるセルフケア

マッサージで血行を促す
手指の使い過ぎによることも多いので、まずは手を休めましょう。
そして、血行をよくするために、腕から指先にかけてゆっくりマッサージするのがおすすめ。
また、ぬるめのお湯にゆっくりつかって体を温めたり、しびれが生じている皮膚の部分をマッサージすると血行がよくなり、症状がやわらぎます。

体を動かして血行を促す
血液の循環が悪くなると症状が出やすくなるので、運動を心がけて血行を促しましょう。
早足の散歩、水泳、水中ウォークなどの全身運動が効果的です。

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEを摂取する
バランスの良い食事が大切です。
特に血行を改善する働きのあるビタミンB群(牛・豚・鶏肉など)、血管を丈夫に保つビタミンC(ブロッコリー、芽キャベツ、キウイ、いちごなど)、ホルモンの代謝を活発にするビタミンE(カボチャ、うなぎなど)を積極的に摂るようにしましょう。
中でもレバーやいわしなどに多く含まれているビタミンB12には、神経の過度の反応を調整する作用があります。

ビタミンB12が多く含まれる食品
鶏肉(レバー)、アンコウの肝、イワシ、サバ(水缶煮)、煮干し、ニシン、サンマ、ホタルイカ、赤貝、ハマグリ、シジミ、味付けのりなど。
魚や貝、肉、卵、牛乳、乳製品などの動物性たんぱく質などの動物性食品に多く、植物性食品にはほとんど含まれていないのがビタミンB12の特徴。
ビタミンB12は微生物の働きで合成されるので、植物性でも、納豆、味噌、醤油などの発酵食品はビタミンB12を含んでいます。

ノムダス エクオール ノムダス エクオール

手足の痛みやしびれは何科へ行けばいいの?

不意に手足のしびれや蟻走感におそわれると、神経に異常が起きたかとびっくりするかもしれませんが、更年期の症状であれば心配いりません。
ただし、症状が強く気になる場合は、整形外科、神経内科、婦人科を受診しましょう。
まずは整形外科で脊椎の異常や、関節リウマチの検査をしてもらうのがベター。

治療は自律神経調整剤や精神安定剤、漢方薬などが用いられ、HRT(ホルモン補充療法)なども行われます。
不安や心理的な葛藤などが引き金になっていることもあり、その場合は、カウンセリングなどが必要になります。

[clink url="http://www.diveperu.com/archives/1120"]

整形外科、神経内科
レントゲン検査、MRIなどで脊椎の異常や、手指関節の状態を検査します。
椎間板ヘルニアではコルセットや、脊椎を伸ばすリハビリ指導。
重症の場合、手術でヘルニア部位を切除することも。

関節リウマチは消炎鎮痛剤、ステロイドが処方され、病気の進行が早い場合には免疫療法も考慮されます。

親指から薬指の縦半分くらいまで、しびれや痛みが出る手根管症候群が原因になることがあります。
これには消炎鎮痛剤、ビタミンB12の処方、シーネ固定、腱に消炎鎮痛剤の注射などが行われます。
腫瘤などがあれば手術適応になります。

内科、婦人科
原因がはっきりしないしびれや関節痛には、消炎鎮痛剤、ビタミンB12の処方や温経湯(うんけいとう)、温清飲(うんせいいん)などの漢方薬を処方します。

おすすめの記事