更年期障害の治療法として多くの女性が選んでいる「漢方療法」。
更年期障害に病院でよく処方される漢方薬として代表的なのが、加味逍遙散・桂枝茯苓丸・当帰芍薬散の3つです。
今日は、漢方薬のそれぞれの効果や更年期によく使われるこの3つ以外の漢方薬の種類をご紹介します。

更年期の3大漢方薬

更年期障害によく処方される漢方薬として代表的な3つが、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。

これらは更年期の月経不順や何となく不調(不定愁訴)という症状に効果的です。
また、体の不調にももちろん効きますが、どちらかというと精神的な症状の改善により効果的だと言われています。

不眠に対しては加味逍遙散、桂枝茯苓丸によって寝つきがよくなったという報告があります。
更年期には不眠に悩む人が多くなりますが、よく眠れないとイライラや抑うつ、疲労感なども生じて一層つらい状態に・・・。
漢方で睡眠の質がよくなると、同時にこれらのつらい症状も快方に向かうことが少なくありません。

加味逍遙散
イライラなどの精神的症状がつらい人に効果的。
精神安定作用があります。

当帰芍薬散
体力があまりなく、貧血気味の人に向いています。
ほてりや動悸、むくみの改善効果があります。

桂枝茯苓丸
がっちりした体格で、頭痛や便秘気味の人に向いています。
血流改善効果もあります。

実証、虚証など「証」で使い分け

漢方薬は患者さんの体全体の状態を見て整えていくような治療法で、体質を大きく「実証」「虚証」「中間証」の3つに分け、それぞれの「証」に合った薬が処方されます。

婦人科では「証」に合わせてこれらの漢方薬を処方するのが一般的です。
例えば、3大漢方だと、虚証には当帰芍薬散、加味逍遙散実証・中間証には桂枝茯苓丸が処方されます。

同じ冷え性の訴えでも、活動的で比較的体力のある「実証タイプ」の冷えと、体力があまりない「虚証タイプ」の冷えでは使う薬が違います。

どちらかがいいということではなく、どちらかに偏っているほど健康の度合いが悪いとされます。
中間証は実証、虚証の間で、バランスが取れている状態です。

実証タイプ

  • 体力がある
  • 脈が強く、腹を触ると張った感じがする
  • 筋肉質、かた太り
  • 顔色がよく、肌がツヤツヤ
  • 手足が冷たい
  • 食欲旺盛
  • のどが渇きやすい
  • 便秘気味
  • イライラしやすい
  • むくみがある
虚証タイプ

  • 体力がない
  • 脈が弱く、腹が軟らかい
  • やせ型、水太り
  • 顔色が悪く、肌にツヤがない
  • 食が細い
  • 下痢をしやすい
  • 疲労がなかなかとれない
  • むくみがある
  • 悲観的、不安あり
エクオール+ラクトビオン酸 エクオール+ラクトビオン酸

更年期によく使われる代表的な漢方薬

3大漢方薬以外にも、更年期に用いられる漢方薬はたくさんあります。
代表的なものをご紹介します。

加味逍遙散(かみしょうようさん)
イライラやほてり、月経不順に。
体力が普通か、それ以下の人ののぼせ、肩こり、冷え、疲れやすさ、頭痛、めまい、便秘、イライラなどの精神不安定、不眠、月経不順、月経困難症などに。
気血水に効く生薬がバランスよく入っています。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
むくみやめまい、頭痛、月経不順に。
体力があまりない女性の冷え性、貧血、めまい、耳鳴り、頭痛、肩こり、動悸、むくみ、疲れやすさ、全身倦怠感、月経不順、月経困難、不妊などに。
体内の余分な水分をとったり、血を巡らせたりする作用があります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
体力が中程度かそれ以上のぼせや頭痛に。
体力がある人の冷え、のぼせ、頭痛、肩こり、めまい、月経不順、月経困難症、おりものなどに。
血のめぐりが悪い「瘀血(おけつ)」の症状に用いられます。

通導散(つうどうさん)
体力があり、のぼせや便秘傾向がある人の頭痛やめまい、肩こり、不安、不眠などに用いられます。
腰痛や打ち身、痔核の改善にも。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
のぼせや便秘、精神不安定に。
比較的体力がある人ののぼせ、便秘、頭痛、めまい、肩こり、冷え、めまい、不安、興奮しやすいなどの精神症状、不眠、月経不順、月経困難症などに効果的。
瘀血の人に向きます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)
体力はないが胃腸は弱くない人の、足腰の冷えやむくみ、しびれ、腰痛、頻尿など、おもに下半身の衰えに用いられます。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
比較的体力があり、のぼせ症状があり赤ら顔で、胃や胸がもやもやする感じがある人のイライラや不眠、神経症などに用いられます。

五苓散(ごれいさん)
体力のあるなしは問わず、悪心や嘔吐、頭痛、めまい、下痢、腹痛など水毒による諸症状に用いられます。

四逆散(しぎゃくさん)
体力中程度かそれ以上の人で、イライラ、不眠、抑うつ感、肩や首、背中のこりなどに用いられます。
慢性鼻炎の改善にも。

抑肝散(よくかんさん)
イライラ、発散できないストレスに。
神経の高ぶり、イライラ、怒り、落ち着きのなさ、不眠などに効果的。
もともとは子どもの夜泣きや疳の虫を抑える漢方薬で、効き目が早いのが特徴です。
症状が出てから頓服しても。
体力中程度かそれ以下の人で、神経が高ぶってイライラする、興奮しやすい、目の下がビクビクするなど心身の緊張状態を和らげます。

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
怒り心頭、精神的興奮に。
比較的体力の低下した人で、精神的な興奮が激しい人に向いています。。
夜泣き、ひきつけ、不安、不眠、激しい怒りなどに効果的。
その場で頓服すると短時間で効果が実感できるので、お守り代わりに持参している人もいるそうです。

女神散(にょしんさん)
のぼせやイライラ、不眠に。
体力中程度かそれ以上の人で、のぼせ、めまい、不安、動悸、イライラ、精神不安定、不眠、頭痛、月経不順などに用いられます。
更年期だけでなく、産後にもよく使われます。

温清飲(うんせいいん)
冷えのぼせ、イライラ、月経不順に。
体力中程度で、肌がカサカサ乾燥して色つやが悪い人の冷えのぼせ、不安、イライラ、不眠、月経不順、月経困難症などに用いられます。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
冷え、倦怠感、うつに。
比較的体力が低下して顔色がすぐれず、冷えて貧血気味の人の疲労、動悸、息切れ、不眠、寝汗、神経過敏、微熱などに。
ストレス症状の中に自律神経失調症状がみられる場合に用いられます。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
体力中程度かそれ以上で、不安や不眠、吐き気が気になる人に。
のどや胸のあたりがふさがるような感じがする人に向いています。

加味帰脾湯(かみきひとう)
ストレスで消耗、憂うつ、不眠に。
胃腸が弱く、虚弱体質で貧血気味、血色が悪い人の不安や憂うつ、イライラ、不眠、動悸、寝汗、全身倦怠感、食欲不振などに効果があります。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
水太りタイプの多汗、むくみに。
比較的体力が低下して、色白で筋肉が柔らかく、水太りの人の多汗、全身倦怠感、むくみ、肥満、関節炎、月経不順などに用いられます。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
漠然とした精神不安、不眠、イライラなどが重なった人の治療に用いられます。
肩こり改善にも効果が期待できます。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
体力をつけて元気になりたい人に。
体力が低下した人の全身倦怠感、食欲不振、夏やせ、風邪、胃下垂、子宮下垂、痔などに効果があります。
病後や術後、産後に用いられることもあります。

おすすめの記事