加齢臭は、体臭の1つに分類されますが、この体臭は若いうちにはなく、中年以降になって初めてあらわれる特有の臭い。
名前は知っていても、意外と実態は知られていない加齢臭。
基本を知ることで正しい対処方法を学びましょう。

加齢臭とは?

加齢臭とは 画像
加齢臭とは、ズバリ、脂のニオイ!
人間の体には、皮膚のうるおいを保つための皮脂を分泌する皮脂腺があります。
年齢を重ねると、この皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加し、それと同時に、過酸化脂質という物質も増え始めます。

パルミトオレイン酸が、この過酸化脂質と結びつくことにより、分解・酸化されてできるのが
「ノネナール」という物質で、このノネナールこそが加齢臭の正体!
ノネナールが出す加齢臭に、さらに汗やその人の他の体臭が混ざり合い、強いにおいを発するようになります。

これに加えて、歳を取ると汗や古くなった頭皮、皮膚などの老廃物が加齢によって十分に分解できなくなり、発してきる腐敗臭もあります。

このノネナールという物質を世界で初めて突き止めたのが、化粧品メーカーの資生堂。
中高年特有のにおいに着目して研究を重ねた結果、加齢臭の仕組みを解明し、命名したそう。

加齢臭は何歳から始まる?

加齢臭の原因物質である「ノネナール」は、個人差はありますが、40歳前後から分泌されるようになります。
この個人差というのは、老化現象の始まりの差。
同じ年齢でも若く見られる人と老けて見える人がいるのは、遺伝的な要素も関係していますが、
加齢臭 何歳から 画像

体の酸化状態にも原因があります。
体が酸化していない人は若く見えるし、体が酸化している人は老けて見られがち。

実は、この「酸化」を早めたり遅めたりするのは、普段の生活習慣次第!

酸化は、私たちの生活習慣と深い深い関わりがあるのです。

40代に入って体臭が気になり始めたという人は、加齢臭である可能性が高く、それに適した対策をとっていくことが必要です。

30代の臭いニオイは加齢臭ではないの?

細菌が汗や皮脂を分解し、ニオイを発生させるメカニズムは、年齢によって違います。

若い人は新陳代謝が活発なので、汗や皮膚のカスの量が多いのですが、歳をとるごとに汗やカスの量が減り、脂の成分が変化します。
若い人の体臭と中高年の体臭の違いは、この脂の成分の変化によるものなのです。

30代男性に特有のニオイの原因物質は「ペラルゴン酸」という飽和脂肪酸。
これも脂質が酸化することで独特のニオイを出す物質で、どこか脂っぽいニオイがしますが、ノネナールが原因物質の加齢臭とは別物です。

加齢臭が増加する原因

加齢臭 たばこ 画像
先ほども述べたように・・・
加齢臭は生活習慣と大きな関係があります。

ストレスはもちろん、夜更かしや昼夜逆転の生活、不規則な生活、偏食、運動不足は酸化の原因になり、老化しやすい体を自ら作っているようなもの。

老化現象が進みやすくなっている人からは、ノネナールが分泌されるのも早まるという傾向にあるようです。

つまり、これらの生活習慣を管理することが、加齢臭防止にもつながるというワケなのです。

では、いったいどんなことに気をつけて生活すれば良いのでしょうか?
その前に、少し「活性酸素」についてお話をしなくてはいけません。

活性酸素による酸化の害

人間の体は60億個もの細胞でできています。
この細胞が毎日私たちの生活が正常に営まれるように働くことで、人間や生物は生きています。
しかし、細胞が生活する中で、紫外線やオゾン・タバコの害などが影響で発生する「活性酸素」の攻撃が押し寄せてきて、私たちの体は酸化してしまうのです。

活性酸素とは、モノを酸化させてしまう物質のことで、老化や生活習慣病、がんなどの病気を促進する要素と言われています。

酸化は人間の体に害をもたらす・・・ということは頭では分かっていても、普段の生活では
意識していないことがほとんどではないでしょうか?

では、どんな生活習慣が活性酸素を増やすのでしょうか?

アルコール&たばこ

加齢臭 アルコール
体内で酸化を促進してしまうのが、過度の飲酒と喫煙。

アルコールはかなりの活性酸素を発生させます。
ある程度は肝臓で解毒されるのですが、飲み過ぎると処理が間に合わず、活性酸素が体内で増加してしまいます。

喫煙も活性酸素の塊で、細胞を傷付け、特に肌の老化を促進します。
また、エストロゲンを低下させるというデータもあり、喫煙は酸化を促す悪い生活習慣の一つでもあります。

お菓子&ジャンクフード

ポテトチップス 加齢臭 画像
コンビニのお菓子やパン、ファストフードやスナック菓子などのジャンクフードも活性酸素を誘発してしまいます。
飲酒・喫煙をしていなくても、毎日のようにジャンクフードを食べていれば、体はかなり酸化していると言えるでしょう。

今から簡単にできることは「作ってから時間がたった揚げ物は極力避ける」こと。
工場などで作られて、かなり時間がたっているようなコロッケや唐揚げ、フライドポテトなどは食べないようにしましょう。
油で揚げたものは特に酸化が激しく、活性酸素の根源になってしまいます。

また、夕方以降になってスーパーで割引きになったお惣菜も酸化という観点からはオススメできません。

できるだけ作りたてのものを食べること、新鮮なうちに食べること。
これが体の酸化を防ぐための工夫です。

ストレス

加齢臭 原因 画像
ストレスを感じていると、体の中の活性酸素が増加します。
ノネナールは、脂肪酸の一種であるパルミトオレイン酸が過酸化脂質と結びつくことで作られますが、この過酸化脂質が増えるのは、活性酸素が体内に大量発生したとき。

そのため、ストレスをためればためるほど活性酸素が増え、結果的に過酸化脂質も増加するというワケなのです。
加齢臭の強弱は、活性酸素の量の差、つまり、ストレスの強さが大きく影響してきます。

加齢臭っていったいどんな臭い?

加齢臭の元であるノネナールの臭いが加齢臭の臭いそのものになるのですが・・・
ノネナールは、青臭い、脂臭い、鼻にツンとくるにおいと言われています。
例えるならば、図書館に置いてある古い本、ロウソク、青臭いチーズなど。
加齢臭 臭い

自然界では野菜や植物にあり、にんじんを茹でた時のにおいなどとも言われています。

自分のにおいは加齢臭?チェックしてみよう!

加齢臭がする・・・と、自分で気付く人もいれば、家族から指摘されたという人もいます。
人間の鼻には同じニオイを長く嗅ぐと麻痺するという習性があるので、自分のニオイは意外と分からないもの。
家族から指摘される前に、まずは、自分のニオイをセルフチェックしてみましょう。

加齢臭危険度チェック
40歳以上である
脂っこい料理が好きだ
毎日のようにお酒を飲む
ストレスを溜めやすい
身だしなみには気を使わない
べたべたした汗をかく
よく眠れない

上記の項目で、当てはまるものを選んで下さい。
多く当てはまるほど加齢臭への危険度が高まります。

危険度が高い!あなたはニオイ度もチェックしてみましょう。

加齢臭ニオイ度チェック
枕、シーツなどの寝具のニオイを嗅いでみる
起きた直後ではなく、しばらくしてから枕やシーツのニオイを嗅いでチェックしてみて下さい。

脱いだ服のニオイを嗅いでみる
1日着ていた服は、ニオイが確実に移っているので、洗濯する前にニオイを確認してみて 下さい。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。