大豆に含まれるポリフェノール「大豆イソフラボン」は、更年期障害の症状に効果的なのですが、最近の研究で、腸内細菌の状態によって、大豆を食べていてもイソフラボンがよく効く人と、そうでない人がいることが分かってきました。
大豆イソフラボンの「効きやすさ」には個人差があり、その差は、体内にエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌を持っているかどうか?という違いの差なのです。
そこで、気になるエクオールの効果や副作用、サプリメントなどについてご紹介していきたいと思います。

エクオールとは

エクオールとは、イソフラボンの一種であるダイゼインを原料に特殊な腸内細菌「エクオール産生菌」によって作られる成分で、
大豆イソフラボンが「エクオール」という成分に変化することで非常に活性が高まり、イソフラボン以上に女性ホルモンに近い作用を持つと考えられています。

ただし、腸内細菌は一人一人異なるため、誰でもエクオールを産生できるわけではなく、日本人は約50%、欧米人は約30%が体内でエクオールを作ることができるようです。
日本人でも若い女性ではエクオールを産生できる人が少ない傾向にあり、50歳で約50%、20歳で約20%しか作れないとも言われています。

では、なぜ同じ日本人でもエクオールを作れる人と作れない人がいるのでしょうか?
この差は「腸内環境の差」にあります。

エクオールが作られやすくなる「食品」

日ごろから大豆、野菜や魚を多く食べている人には、エクオール産生者が多いというデータがあります。
青魚や大豆などの食品には、オメガ3系の「多価不飽和脂肪酸」が多く含まれているからです。
必死脂肪酸である「多価不飽和脂肪酸」は、体内で作ることができない油なので、食べ物から摂取する必要があります。

オメガ3系には、サバやイワシなどの魚油に含まれるEPA・DHAや亜麻から絞った亜麻仁油などに含まれているα-リノレン酸という脂肪酸が含まれています。
α-リノレン酸は摂取後に一部が体内でEPA・DHAへと変化します。

EPA・DHAが多く含まれる魚は、マグロ・イワシ、ブリ、サバなどで、α-リノレン酸が多く含まれる食品は、くるみ、大豆、亜麻仁油、えごま油などです。

体内に「エクオール産生菌」がいるかどうかは、長年の食生活の影響が大きく、腸内環境が整うとエクオールに変化しやすいとも言われています。

エクオールの産生者であっても食生活の乱れや抗生剤などの影響で腸内環境が変化することもあり、腸内細菌がリカバリーするまでに1週間かかる場合もあります。
エクオールの産生者でなくても、イソフラボンによる効果は期待できるので、しっかり大豆食品をとることが大切です。

つまり、大事なことは、エクオールの産生者であってもなくても、腸内環境を意識したバランスの良い食生活を心がけることなのです!

エクオールのサプリメントが登場

そうは言っても、エクオールがそんなに素晴らしい成分だったら、その恩恵を受けてみたいと思ってしまいますよね・・・。
エクオールを作れない人だけが損したような気分にもなりますよね・・・。

でも、大丈夫!

大豆を食べているのに大豆イソフラボンからエクオールを作れない場合でも、サプリメントで補うことができるのです!
チーズから発見された乳酸菌を使って大豆イソフラボンから作ったエクオールのサプリメントなどが登場しています。

エクオールの効果

エクオールの排せつが多い女性は少ない女性に比べ、ほてりや冷えなどの症状の程度が軽いことが分かっています。

エクオール非産生者にエクオールサプリメントを12週間とってもらったところ、更年期の不定愁訴が改善、摂取をやめてしばらくすると不調を訴える人がいたという研究報告があります。
さらに、エクオールのサプリメントを摂取していない人たちでは目尻部分のシワ面積が増え、シワも深くなりましたが、エクオールを摂取した人たちでは、目尻のシワが改善したとのこと。
これは、肌の弾力を保つコラーゲンなどを生み出す線維芽細胞をエクオールが活性化しているのではないか、と言われているようです。

このように、エクオールのサプリメントは、ホットフラッシュの改善・肌の老化予防効果の他、首や肩の凝りの改善、骨密度低下の予防、悪玉コレステロールの減少などの効果も確認されています。

エクオールの副作用

エクオールがいくら女性ホルモンに似た働きをしてくれるからといっても、気になるのはやはり副作用。
結局のところ女性ホルモンを補うことになるので、乳がんになりやすくなる?などの心配も出てきますよね。
でも、この副作用についても心配無用です!

1日に30mgと多めにエクオールを摂取した人たちでも、乳房や膣、子宮への影響はなく、エストロゲンや甲状腺ホルモンの血中濃度への影響もなかったと報告されています。

女性ホルモンの低下による不調はあるけど、病院へ行って診てもらうほどでもない・・・という人は、初めにエクオールのサプリメントを試してみて”体調を様子見してみる”という方法もあります。

エクオールの検診キット

私は、エクオールを作れる体なのか?
腸の中でエクオールが作られているか?

というのを個人でも簡単にチェックできるのが郵送検診キットの「ソイチェック」
注文すると採尿キットが到着し、採尿後、返信用封筒でポストへ投函します。
その後、約10日で結果が分かります。
お値段は4104円です。

また、専用のキットで便を郵送して腸内細菌叢(腸内フローラ)が検査できる「Mykinso(マイキンソー)」でも、エクオール産生の有無が分かります。
お値段は19440円です。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。